検索タグ "JR東日本"

JR東日本、「ワクチン or 陰性」証明書を活用した企画推進、年明けには接種者向け団体列車も運行

JR東日本、「ワクチン or 陰性」証明書を活用した企画推進、年明けには接種者向け団体列車も運行

JR東日本グループは、ワクチン接種証明書やPCR検査陰性証明書を活用した取り組みを推進。対象者対象の団体専用臨時列車を年明け以降に運行・販売するほか、びゅうトラベルサービスは限定のツアーを発売する。
走らない成田エクスプレス車両をテレワーク空間に、期間限定で15分220円、JR東日本が品川駅構内で開始

走らない成田エクスプレス車両をテレワーク空間に、期間限定で15分220円、JR東日本が品川駅構内で開始

JR東日本は、品川駅8番線に停車する成田エクスプレス車両を活用して、でテレワークスペースを提供する「N’EXでテレワーク!」を始める。期間は10月25日~29日まで。料金は15分220円。
緊急事態宣言解除で、旅行会社や交通機関の変化は? 週末の直前予約から「ワクチン・検査パッケージ」の反響など取材した

緊急事態宣言解除で、旅行会社や交通機関の変化は? 週末の直前予約から「ワクチン・検査パッケージ」の反響など取材した

緊急事態宣言の全面解除後の需要推移を、鉄道や航空会社、旅行会社、バス会社などに取材。順調な改善がみられるも、引き続きの需要喚起が必要。
JR東日本、「新幹線オフィス車両」を本格開始、東北・北陸・上越の全方面8号車、追加料金なしでオンライン会議も可能

JR東日本、「新幹線オフィス車両」を本格開始、東北・北陸・上越の全方面8号車、追加料金なしでオンライン会議も可能

JR東日本は、2021年11月22日から東北・北陸・上越新幹線の全方面の8号車で「新幹線オフィス車両」を提供。「STATION BOOTH」なども含め、移動中のシームレスなワークスペースを構築、分散型の新たな暮らしの実現を提案。
JR東日本とJR西日本のアプリ連携が拡充、各エリアの一部で列車の走行位置が確認可能に

JR東日本とJR西日本のアプリ連携が拡充、各エリアの一部で列車の走行位置が確認可能に

JR東日本とJR西日本は、「JR東日本アプリ」と「WESTER」の連携サービスを拡充。WESTERでは北陸新幹線の列車走行位置(JR 東日本提供)が表示、JR東日本アプリでは、JR西日本の北陸・近畿エリアの一部路線が表示される。
コンカー、JR東日本と企業の旅費精算で連携、Suica利用履歴データを自動連携、タクシーのデジタル明細も

コンカー、JR東日本と企業の旅費精算で連携、Suica利用履歴データを自動連携、タクシーのデジタル明細も

コンカーは、JR東日本のSuica利用履歴データを活用し、ユーザー企業を対象に旅費精算の有償サービスを開始。自動連携で旅費精算を行い、入力業務負荷の削減、承認者や経理部門によるチェックの負担を軽減。
JR東日本、定期券で利用できる特急列車を拡充、成田エクスプレスも、特急券の購入で

JR東日本、定期券で利用できる特急列車を拡充、成田エクスプレスも、特急券の購入で

JR東日本は、通勤/通学時の特急列車利用を促すため、定期で利用できる特急列車の拡充や、NEXについては割引となるチケットレス特急券の設定区間を拡大する。
JR東日本、駅でロボットのバリスタがコーヒー提供、無人で、シンガポールのスタートアップと提携

JR東日本、駅でロボットのバリスタがコーヒー提供、無人で、シンガポールのスタートアップと提携

JR東日本が海外スタートアップとの連携強化に向け、シンガポールのCrown社と提携した。同社開発のロボバリスタを活用した無人化・省人化による新たなコーヒーサービスを提供する。
JR東日本「えきねっと」とJR東海「EXサービス」、きっぷの指定券販売機での受け取りを相互エリアで可能に、2022年春スタート

JR東日本「えきねっと」とJR東海「EXサービス」、きっぷの指定券販売機での受け取りを相互エリアで可能に、2022年春スタート

JR東日本とJR東海は2022年春ごろから、両社のJR券ネット申し込み「えきねっと」「EXサービス」で予約したきっぷを相互に受け取れるようにする。
交通系ICカードがホテル客室の鍵に、JR東日本らがSuica(スイカ)で実現へ、オフィスや駐車場でも

交通系ICカードがホテル客室の鍵に、JR東日本らがSuica(スイカ)で実現へ、オフィスや駐車場でも

JR東日本は、Suicaなどの交通系ICカードを入退室の鍵として利用できる「Suicaスマートロック」の提供を12月から開始する。管理コストの軽減が特徴。
JR東日本ホテルメッツ、回数券の電子チケット版販売、宿泊と日帰り利用をスマホ画面提示で簡単に

JR東日本ホテルメッツ、回数券の電子チケット版販売、宿泊と日帰り利用をスマホ画面提示で簡単に

JR東日本ホテルメッツは2021年9月1日から、宿泊もしくは日帰り利用の回数券「JR東日本ホテルメッツTICKETS」の電子版を発売する。スマホで買ってその場で利用できる。
JR東日本、国立公園を楽しむ観光開発へ、第1弾は「福島・浄土平」で美食と星空を楽しむイベント開催

JR東日本、国立公園を楽しむ観光開発へ、第1弾は「福島・浄土平」で美食と星空を楽しむイベント開催

JR東日本が国立公園の大自然を五感で満喫する観光コンテンツを開発する。第一弾として、磐梯朝日国立公園「福島・浄土平」を舞台に、大自然と美食を楽しむイベントを開催。
群馬県・上越線「土合駅」で朝市・夜市を開催、谷川岳周辺エリアでにぎわい創出、ヨガ体験や音楽演奏も

群馬県・上越線「土合駅」で朝市・夜市を開催、谷川岳周辺エリアでにぎわい創出、ヨガ体験や音楽演奏も

群馬県の土合駅で8月22日、「土合朝市」と「土合夜市」が開催される。谷川岳周辺エリアを朝から夜まで楽しんでもらえるよう、これまで2回開催した朝市に加えて、夜市も実施。
ワーケーション新幹線の専用ツアーが登場、JR東日本と山形県の連携で、専用新幹線「とれいゆ つばさ車両」を使用

ワーケーション新幹線の専用ツアーが登場、JR東日本と山形県の連携で、専用新幹線「とれいゆ つばさ車両」を使用

「やまがたワーケーション新幹線」専用ツアーの販売が8月3日に開始。往路は上野発11時の専用新幹線「とれいゆ つばさ車両」を使用し、山形1泊2日コースと天童1泊2日コースを提供する。
国土交通省、東京駅などで屋内ナビサービスの利用推進、ニーズ把握で位置情報活用の環境づくりへ

国土交通省、東京駅などで屋内ナビサービスの利用推進、ニーズ把握で位置情報活用の環境づくりへ

国土交通省は2021年7月20日から9月30日まで、東京駅周辺などの屋内・地下空間で誘導するナビサービスの利用を促進。GPSが届かない屋内でも位置情報サービスが利用可能な環境づくりを進める。
JR東日本、駅起点の飲食店でサブスク実証実験を開始、2500円でコーヒー1日3回無料など、通勤定期券の利用者対象に

JR東日本、駅起点の飲食店でサブスク実証実験を開始、2500円でコーヒー1日3回無料など、通勤定期券の利用者対象に

JR東日本がSuica通勤定期券の利用者を対象に、コーヒーと駅そばのサブスクサービスを開始。マイボトルなら月額1500円でブレンドコーヒー1日3回まで無料。
プリンスホテル、家族連れワーケーションの販売開始、子どもも学べる体験プログラム、軽井沢で3つのプラン

プリンスホテル、家族連れワーケーションの販売開始、子どもも学べる体験プログラム、軽井沢で3つのプラン

プリンスホテルは、JR東日本およびびゅうトラベルサービスと連携し、保護者の仕事と子どもの学びを両立させる「ファミリーワーケーション」の販売を軽井沢で開始。地元事業者と連携し、3通りのプラン。
JR東日本グループ、「沿線まるごとホテル」を事業化へ、滞在型観光の推進へ

JR東日本グループ、「沿線まるごとホテル」を事業化へ、滞在型観光の推進へ

JR東日本スタートアップは地方創生プロデュースを手がける「さとゆめ」と資本業務提携で合意した。「沿線まるごとホテル」の事業化、新規事業、JR東日本グループの沿線の活性化を進める。
東京に新たな全国DMOの活動拠点、浜松町駅の再開発で観光施設を整備、訪日客向けデジタル体験施設やMICE対応の宿泊施設など

東京に新たな全国DMOの活動拠点、浜松町駅の再開発で観光施設を整備、訪日客向けデジタル体験施設やMICE対応の宿泊施設など

浜松町駅西口において開発を進めている「都市再生特別地区(浜松町二丁目4地区)A 街区」で計画変更。新たに、「観光プレ体験施設」、MICE対応の国際水準の宿泊施設、地域のDMOの活動拠点を整備する。
JR東日本、日本の祭りを基点に関係人口創出へ、秋田県の「なまはげ」など、オンラインから現地体験への参加につなぐ

JR東日本、日本の祭りを基点に関係人口創出へ、秋田県の「なまはげ」など、オンラインから現地体験への参加につなぐ

オマツリジャパンとJR東日本スタートアップは、秋田県男鹿市で「祭り」を起点とした関係人口創出プログラム「祭り留学」の参加者募集を開始。初回のオンラインツアーは今年9月25日に開催。2回目以降は現地体験ツアーを予定。