検索タグ "MaaS"

JTBと東武、日光の観光型MaaSで連携、環境にやさしい観光地のブランド化へ

JTBと東武、日光の観光型MaaSで連携、環境にやさしい観光地のブランド化へ

JTBと東武が共同で環境に配慮した「日光MaaS(仮称)」の2021年度導入に向けた検討に着手。鉄道とEVカーシェアリングの検索・予約・決済のワンストップ化へ。
京都洛北エリア版のMaaSスタート、市内中心部の混雑緩和と分散化へ、36時間有効のデジタル企画券や飲食券発券など

京都洛北エリア版のMaaSスタート、市内中心部の混雑緩和と分散化へ、36時間有効のデジタル企画券や飲食券発券など

京都で大原・八瀬、鞍馬・貴船などの洛北エリアでウェブ型MaaS「奥京都MaaS」の実証実験。旅の行程管理、企画乗車券・飲食チケットなど一体で提供。
ANAとJR九州がMaaS連携、空港からのアクセスナビ上で列車予約を可能に、航空券予約アプリからシームレスに

ANAとJR九州がMaaS連携、空港からのアクセスナビ上で列車予約を可能に、航空券予約アプリからシームレスに

ANAとJR九州は、「ANA空港アクセスナビ」と「JR九州インターネット列車予約」の連携を開始。航空券、新幹線、特急列車の予約・決済をシームレスに。
ナビタイム、東京都の「観光MaaS実証実験」を臨海副都心で、今年はコロナ対応を追加、VR/ARによる需要喚起も

ナビタイム、東京都の「観光MaaS実証実験」を臨海副都心で、今年はコロナ対応を追加、VR/ARによる需要喚起も

ナビタイムが東京都のMaaS実証実験に採択。コロナ禍の今年は従前の交通課題解決と同時に、適切な需要喚起と安全安全な移動体験の両立を図る新時代のMaaS確立も目指す。
京急、MaaSで「電車+キャンピングカー」、ホテル駐車場に車中泊スポット、混雑回避と観光資源の再発掘を

京急、MaaSで「電車+キャンピングカー」、ホテル駐車場に車中泊スポット、混雑回避と観光資源の再発掘を

京急とスタートアップのCarstay(カーステイ)は電車とキャンピングカーを組み合わせたMaaSを推進。京急ホテルの地駐車場に車中泊スポットを用意。三浦半島における観光資源の再発掘や混雑を避けた観光提案など地域経済の活性化を目指していく。
JR西日本、せとうちエリアの観光型MaaS「setowa」を拡充、交通と観光施設がセットの周遊パスを追加

JR西日本、せとうちエリアの観光型MaaS「setowa」を拡充、交通と観光施設がセットの周遊パスを追加

JR西日本が観光型MaaS「setowa」のウェブサービスを開始。利用エリアも拡大。
ANAのMaaS推進の狙いとは? リンクティビティとの連携でシームレスな移動サービスの構築を図る取り組みを両社に聞いてきた(PR)

ANAのMaaS推進の狙いとは? リンクティビティとの連携でシームレスな移動サービスの構築を図る取り組みを両社に聞いてきた(PR)

ANAとEチケット予約プラットフォームのリンクティビティがMaaSで連携。両社の担当者が話すMaaS推進の目的と課題、今後の展開とは?
NTTドコモ、茨城県大子町でAI乗合タクシー、カーシェアの実証実験、高齢化進む町で移動の柔軟性を

NTTドコモ、茨城県大子町でAI乗合タクシー、カーシェアの実証実験、高齢化進む町で移動の柔軟性を

NTTドコモが茨城県大子町でAIを活用した乗り合いタクシーとカーシェアリングの実証実験を実施する。「大子町公共交通実証実験推進に関する連携協定」の一環。
JR東日本とJR西日本、MaaS取組みで相互連携、リアルタイム経路検索アプリなどで協力

JR東日本とJR西日本、MaaS取組みで相互連携、リアルタイム経路検索アプリなどで協力

JR東日本とJR 西日本は、 MaaSの取り組みで相互連携に合意。「JR東日本アプリ」の「リアルタイム経路検索 」を2020年度内を目途にJR西日本の一部線区でも利用可能に。
ANA、搭乗者向け経路検索サービスに予約決済機能、まずは地下鉄乗り放題券から、リンクティビティと連携で

ANA、搭乗者向け経路検索サービスに予約決済機能、まずは地下鉄乗り放題券から、リンクティビティと連携で

ANAがMaaSを強化。リンクティビティと連携で、「空港アクセスナビ」から東京メトロと都営地下鉄の企画券を購入可能に。
ムーミンバレーパークを満喫する観光型MaaS、モバイルチケットで入場券から飯能市内の優待クーポンまで提供

ムーミンバレーパークを満喫する観光型MaaS、モバイルチケットで入場券から飯能市内の優待クーポンまで提供

ムーミン物語、西武バス、ジョルダンらが、埼玉県飯能市をチケットレスで満喫できる観光型MaaSのモバイルチケット「Meets! HANNO Pass」を発売。スマホの画面を見せて利用する。
JTB、オンラインで自動車関連の技術展示会、3000人規模で開催へ、クラウドサービス企業と連携で

JTB、オンラインで自動車関連の技術展示会、3000人規模で開催へ、クラウドサービス企業と連携で

JTBコミュニケーションデザインが10月26~30日、クルマ関連技術のオンライン展示会「未来のクルマ Technology ONLINE」を開催出展企業は50社で、3000名の参加を予定。
JR東日本らの観光型MaaS「IZUKO」、混雑状況の表示やエリアや商品数を拡大、11月から

JR東日本らの観光型MaaS「IZUKO」、混雑状況の表示やエリアや商品数を拡大、11月から

東急、JR東日本、伊豆急行は、観光型MaaS「IZUKO」のPhase3を2020年11月16日から開始。これまでの課題を踏まえ、サービスエリアの拡大、観光商品数の拡充などに取り組む。
東京メトロ、MaaS機能実装した新アプリ公開、鉄道・バス・タクシーなど経路検索機能でスムーズな移動

東京メトロ、MaaS機能実装した新アプリ公開、鉄道・バス・タクシーなど経路検索機能でスムーズな移動

東京メトロがMaaS機能を実装した新アプリ「東京メトロmy!アプリ」を公開。デザイン刷新のほか、新たに鉄道・バス・タクシー・シェアサイクルを含む経路検索に対応する機能を追加。
国交省、日本版MaaS推進で全国38事業を支援、交通以外とも連携で地域課題解決へ

国交省、日本版MaaS推進で全国38事業を支援、交通以外とも連携で地域課題解決へ

国土交通省は「令和2年度日本版MaaS推進・支援事業」として、全国から38のモデルプロジェクトを選定した。地域特性に応じたMaaSの実証実験を支援する。
MaaSの保険金支払い業務をブロックチェーン技術で自動化、JR運行遅延を用いて実証実験、ナビタイムや大手保険会社が参画

MaaSの保険金支払い業務をブロックチェーン技術で自動化、JR運行遅延を用いて実証実験、ナビタイムや大手保険会社が参画

SOMPOホールディングス、損害保険ジャパン、ナビタイムジャパン、LayerXの4社は、保険事故発生の自動検出および保険金支払業務自動化の技術検証を目的として、MaaS領域にでのブロックチェーン技術を活用した実証実験を共同で実施。JRの運行遅延を保険金請求事由と見立てて行う。
小田急、観光型MaaSアプリの機能拡充、デジタル箱根フリーパスに子ども料金、チケット譲渡機能も実装

小田急、観光型MaaSアプリの機能拡充、デジタル箱根フリーパスに子ども料金、チケット譲渡機能も実装

小田急電鉄は、MaaSアプリ「EMot」の電子チケットの種類および機能を拡充。「デジタル箱根フリーパス」にこども料金を導入するほか、チケット譲渡機能も実装する。
JR東日本、新たに「MaaS・Suica推進本部」を設置、「モビリティ × 決済」のプラットフォームの拡充と連携を加速

JR東日本、新たに「MaaS・Suica推進本部」を設置、「モビリティ × 決済」のプラットフォームの拡充と連携を加速

JR東日本が持続的な成長の実現に向けて組織改正。新たに「MaaS・Suica推進本部」を設置し、モビリティや決済のプラットフォームの拡充と連携を強化する。
出光興産、千葉県館山市で超小型EVのカーシェアリング実施、再生可能エネルギーをワイヤレス充電

出光興産、千葉県館山市で超小型EVのカーシェアリング実施、再生可能エネルギーをワイヤレス充電

出光興産は千葉県館山市で超小型EVを活用したカーシェアリング「オートシェア」の実証実験を開始した。駅前や地元企業など駐車場3カ所をカーステーションとし、地元住民の買い物など近距離移動の足としてサービス提供する。
国交省、日本版MaaS実証実験の公募開始、公共交通と多様なサービスとのデータ連携で地域課題の解決を

国交省、日本版MaaS実証実験の公募開始、公共交通と多様なサービスとのデータ連携で地域課題の解決を

国土交通省は、新たに日本版MaaS実証実験の公募を開始。公募受付期間は2020年5月末。公共交通と多様なサービスとのデータ連携で地域課題の解決を目指す。