検索タグ "データ"

新型ウイルスで中国の国際線航空座席が激減、世界第3位から25位まで急落、日中間は7割減、航空データ会社が最新分析を発表

新型ウイルスで中国の国際線航空座席が激減、世界第3位から25位まで急落、日中間は7割減、航空データ会社が最新分析を発表

OAGは、新型コロナウイルスの感染拡大をうけて中国への国際線への影響で最新情報を公開。最も座席供給量を減らしているのは日中路線で週24万席が減少。
経路案内アプリの検索スポットランキング2019、地域・都道府県別の1位は北海道・旭山動物園

経路案内アプリの検索スポットランキング2019、地域・都道府県別の1位は北海道・旭山動物園

外出時に利用する経路案内アプリで検索された人気スポット。ナビタイムが地域別に細分化したランキングを発表。
中国の航空便の運休が約1万便超えに、新型ウイルス拡大で、武漢以外の空港でも影響大きく -シリウム調べ

中国の航空便の運休が約1万便超えに、新型ウイルス拡大で、武漢以外の空港でも影響大きく -シリウム調べ

航空データ分析シリウム(Cirium)のデータによると、2020年1月23日から1月28 日にかけて中国国内線および国際線で9807便がキャンセルされた。
ラグビーW杯のインバウンド効果、訪日観戦者の消費は2.4倍、平均38.5万円で宿泊日数も長い傾向

ラグビーW杯のインバウンド効果、訪日観戦者の消費は2.4倍、平均38.5万円で宿泊日数も長い傾向

観光庁をはじめ、複数組織がラグビーW杯による訪日観戦客の消費効果の調査結果をとりまとめ。観戦者の消費額は高く、近郊への観光もあわせた楽しむ傾向が明らかに。
ANAが取り組む「顧客に軸を置いたデータマーケティング」、会員への取組みから目指す完成形まで聞いてきた

ANAが取り組む「顧客に軸を置いたデータマーケティング」、会員への取組みから目指す完成形まで聞いてきた

全日空グループが推進する「顧客に軸を置いたデータマーケティング」とは? その実行部隊「ANA X」のデータドリブン・マーケティング・グループ永山裕氏に話を聞いた。
日韓路線の航空座席供給は20%減に、一部の航空会社は40%減も、航空データOAGが分析結果発表

日韓路線の航空座席供給は20%減に、一部の航空会社は40%減も、航空データOAGが分析結果発表

世界の航空データを取り扱うOAG社が、直近の日韓路線にフォーカスした動向分析を発表。両国間での通商摩擦の深刻化が航空路線にも波及している状況が明らかに。
ヤフーのビッグデータで「街の欲求」を可視化、東京でアート展示イベントを開催

ヤフーのビッグデータで「街の欲求」を可視化、東京でアート展示イベントを開催

ヤフーと日建設計、東急電鉄の3社が7月19日から21日まで、ビッグデータを用いて「街の欲求」を可視化するアート展示イベントを開催。ヘッドマウント利用でVR体験も。
グーグルが活用する航空データ「シリウム」、世界の旅行・航空業界が実践する航空コンテンツの最新事例を聞いてきた(PR)

グーグルが活用する航空データ「シリウム」、世界の旅行・航空業界が実践する航空コンテンツの最新事例を聞いてきた(PR)

世界の航空会社のフライトを対象に各種データ分析や需要予測をおこなうCirium(シリウム)。同社のCEOジェレミー・ボーウェン氏に、同社のデータ戦略を聞いた。
国交省、訪日客の移動データで公開情報を拡充、性別・年代の属性も利用可能に

国交省、訪日客の移動データで公開情報を拡充、性別・年代の属性も利用可能に

国土交通省が提供する訪日外国人の国内移動データ「FF-Data(Flow of Foreigners-Data)」で、属性情報を拡充。性別と年代情報が追加された。
航空フライト中の「乱気流」情報を公開へ、航空会社向けに、運行中のリアルタイムデータ蓄積で ―IATA

航空フライト中の「乱気流」情報を公開へ、航空会社向けに、運行中のリアルタイムデータ蓄積で ―IATA

国際航空運送協会(IATA)はこのほど、航空会社がフライト中に乱気流を避けてルート計画を立てるためのデータソースを公開。加盟航空会社によるデータをリアルタイムで蓄積・共有するもの。
国交省、外国人旅行者の国内移動データを公開、交通機関の最多は「鉄道」、沖縄ではレンタカー

国交省、外国人旅行者の国内移動データを公開、交通機関の最多は「鉄道」、沖縄ではレンタカー

国土交通省が、2017年の訪日外国人の国内移動データ「FF-Data(Flow of Foreigners-Data)」を発表。都道府県間の流動量や、利用交通機関、周遊ルートなどが確認できる。
移動アプリのビッグデータで観光が変わる、ナビタイムの移動データを活用した誘客から未来の旅行まで担当者に聞いてきた(PR)

移動アプリのビッグデータで観光が変わる、ナビタイムの移動データを活用した誘客から未来の旅行まで担当者に聞いてきた(PR)

観光事業者の注目が高まっている、移動のビッグデータ。観光戦略や未来の観光づくりで、ナビタイムが提案する活用術とは?
旅行者の要望預ける「情報銀行」で実証実験、好みにあったタビナカ体験など紹介、JTBと大日本印刷が協業で

旅行者の要望預ける「情報銀行」で実証実験、好みにあったタビナカ体験など紹介、JTBと大日本印刷が協業で

大日本印刷とJTBが、旅行者のパーソナルデータを情報銀行(情報信託機能)で集約・活用する次世代トラベルエージェントサービスを共同開発。2018年12月から東京と京都で実証事業を展開する。
今、観光マーケターが取り組むべきことは? 「JAL」「じゃらん」「ゆこゆこ」の事例から「観光業界の特有の課題」まで聞いてきた

今、観光マーケターが取り組むべきことは? 「JAL」「じゃらん」「ゆこゆこ」の事例から「観光業界の特有の課題」まで聞いてきた

先ごろ行われた「トラベルボイスLIVE デジタルマーケティング編」の開催レポート。観光マーケターがデジタルマーケティングで取り組むべきこと、CRMなど顧客とのコミュニケーションを強化する最新トレンドや事例など。
航空データから読み解く「インバウンドの課題」とは? 足りない航空座席量から国際線誘致の競合までデータ専門企業の見解を聞いてきた

航空データから読み解く「インバウンドの課題」とは? 足りない航空座席量から国際線誘致の競合までデータ専門企業の見解を聞いてきた

航空関連データを提供するOAGが、「航空関連データから見るインバウンドトラベル」をテーマにセミナー開催。航空データを活用した訪日外国人旅行者4,000万人に向けた市場環境やマーケティング手法などを解説した。
NTTアドとドコモ、インバウンド行動分析レポートを発表、国籍別の滞在エリア傾向など可視化

NTTアドとドコモ、インバウンド行動分析レポートを発表、国籍別の滞在エリア傾向など可視化

NTTアドとNTTドコモが、訪日外国人を対象とする「47都道府県基礎分析レポート」を作成。両社が持つビッグデータを分析してヒートマップなどで可視化。
博報堂と中国検索大手「バイドゥ」が提携、「生活者+検索」データでマーケティングサポートを展開

博報堂と中国検索大手「バイドゥ」が提携、「生活者+検索」データでマーケティングサポートを展開

博報堂が中国のバイドゥ(百度)との戦略的パートナーシップを締結。中国市場を対象に事業を展開する企業に向け、データマーケティング支援を実施。