JAL、羽田空港でアバターがリモート案内、非接触・非対面で、パナソニックと共同の実証実験

日本航空(JAL)とパナソニック システムソリューションズ ジャパンは、アバター式リモート案内サービスの共同実証実験を開始する。パナソニックの技術を活かし、空港でオペレーターがディスプレイ上のアバターを通じて出発ロビーや搭乗口へ利用者を案内する。

アバターの特性が操作するオペレーターの表情を認識・反映することから、リモートによる非接触・非対面でありながら、表情豊かで対面に近い案内を提供するのが特徴。実証実験を通じ、定型登録した係員の案内時の動作や搭乗順パネル提示などを組み合わせ、より分かりやすい案内を目指す。

実証実験は9月14~25日。場所は羽田空港第1旅客ターミナル内JAL国内線搭乗口の一部、航空券予約・購入・変更カウンター(40番)で、アバターの台数は4台。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。