JAL、遠隔操作ロボットが空港業務、2020年の実用化へ、在宅勤務社員の環境づくりにも活用

日本航空(JAL)は2019年4月22~24日、羽田空港でアバターロボット活用のトライアルを実施する。人型の遠隔操作ロボットで、名前は「JET(ジェット)」。空港スタッフに代わり、ボイスチェンジャーを使った音声で旅行者を案内する。

VRの技術を利用し、社員が遠隔操作で、移動、腕と顔を動かすことによる感情表現、音声通話を実現する。実施場所は羽田空港国内線第1旅客ターミナル2階、JALスマイルサポートカウンター付近。トライアルではJETの作動を検証するとともに、操作性向上、案内業務以外への活用を見込み、2020年からの一部実用化を目指す。遠隔操作を通じ、子育て、介護などによる在宅勤務社員の働きやすい環境づくりにもつなげたい考えだ。

JETはインディ・アソシエイツ(名古屋市)の技術をベースに開発した。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。