具体的なニーズから必要な「場所」を探す新サービス、「#ベビーカーOK」「#点字メニュー」などハッシュタグで検索、GPS連動も

ジギョナリーカンパニーはこのほど、場所探し専用サービス「MachiTag(マチタグ)」のα版サービスを開始した。例えば「#ベビーカーOK」「#点字メニュー」「#打ち合わせに最適」「#コピー機あるコンビニ」など、ユーザーのニーズに合わせた場所をハッシュタグを使って検索できるもの。

サービスでは、現在地または特定のエリア名とハッシュタグを組み合わせることで、その場所から近いポイントを簡単に検索。タグのレコメンド機能を使うことで、自分では言葉にできなかったニーズとの出会いも楽しめる。

また、検索した結果をツイッターなどSNSでフォロワーに共有したり、他の人が付けたタグのフォロー、ユーザー別タグレコメンド、個人・団体・店舗でのアカウント登録も可能となっている。

現在のところ、東京、神奈川、大阪、愛知、京都の約10万スポットの情報を網羅。年内には国内約250万スポットの情報掲載を目標としている。また、2019年6月までにユーザー誰もがスポット登録を可能にする計画。その後2019年内にはアプリ化をおこない、店舗などの拠点でサービスを展開する企業とのコラボレーションも検討予定。さらに、観光客向けの多言語対応やタグ情報のデータ化なども進める考え。

操作イメージ:ジギョナリーカンパニー 報道資料より「マチタグ」紹介ページ

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。