みずほ銀行の送金・決済サービス、地域ウォレット「会津財布」と連携、購買行動情報の活用で地域活性化へ

みずほ銀行とTIS、東芝データ、東芝テックは、みずほ銀行が提供するスマホ送金・決済サービス「J-Coin Pay」と、TiSが福島県会津若松市で提供する地域ウォレット「会津財布」と連携したことを発表した。これにより、会津財布でJ-Coin Payの利用が可能になる。

今回の連携で、利用者は東芝グループのレシート電子化サービス「スマートレシート」を受けられるようになる。また、地域では、地域ウォレット利用額の一部で会津若松市の子ども食堂への寄付といった地域貢献の取り組みなど、地域の助け合いや活性化の施策が実施しやすくなるという。

また、会津若松市は内閣府の「スーパーシティ型国家戦略特別区域への指定」への応募を表明している。今回連携した4社はキャッシュレス決済での協業によって、同市のスーパーシティ化に向け、地域への購買データの還元が可能な決済環境の提供とデータ利活用に向けた情報充実を図る。地域ウォレットの利用者の同意のもと、購買行動情報が活用されることで、地域がより豊かになることを目指すとしている。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。

一歩先の未来がみえるメルマガ「今日のヘッドライン」 、もうご登録済みですよね?

もし未だ登録していないなら…