デルタバケーション、現地サポートを充実-13年上期商品

アールアンドシーツアーズは、デルタ航空(DL)指定の「デルタバケーション」について、2013年上期商品を設定し、1月10日から順次販売を開始した。今回は、次回もデルタバケーションが選ばれることを念頭に、価値のある商品企画を意識。特に現地でのサービスを充実させたのが特徴だ。

例えば、ミクロネシア方面では空港/ホテル間の送迎サービスを向上し、グアムでは空港受付後20分以内に出発。ビジネスクラス利用などの対象旅客には専用車を用意する。また、ハワイでも専用リムジン利用を拡充したほか、アイランドパスシャトルバスでは、ワイキキ近郊ショッピングエリアへ行く「カポレイショッピングシャトル」を新たに運行する。

13年上期のデルタバケーションは「グアム・サイパン・パラオ」「ハワイ」「アメリカ・アラスカ・カナダ・カンクン・南米」「ディズニーUSA」の4つのパンフレットで展開。また、「グアム・サイパン・パラオ」と「ハワイ」では、値ごろ感ある価格帯の「デルタバケーションカジュアル」も設定し、両ブランドあわせて全方面で6600名の販売をめざす。方面別の販売目標は下記の通り。

[アールアンドシー 方面別販売目標]

  • ミクロネシア:3800名
  • ハワイ:2200名
  • アメリカ・カナダ・南米 600名

合計:6600名

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。