日本旅行、女子大生企画の人物観光ツアー-現代の“八重”に会う

日本旅行は2012年12月25日、跡見学園女子大学の学生が考案した旅行商品「会津若松・現代の八重に会いに行こう!」を、関東・甲信越地区のグループ店舗で発売した。日本旅行と跡見学園女子大学、会津若松市観光課、会津バス観光A.T.S.との産学連携による「着地型人物観光商品化プロジェクト」として開発されたもの。「女性をテーマにした会津若松の魅力発信」をコンセプトに、13年のNHK大河ドラマ「八重の桜」の主人公である「新島八重」さんをフックに、明るく力強い会津女性(ハンサムウーマン)との交流を通して会津若松の新しい魅力をアピールしていく。

開発に当たっては、日本旅行の赤い風船事業のプロジェクトチームが、ツアー企画に関する授業やパンフレット作成の指導を実施。赤い風船のオプショナルプランとして企画し、ツアーでは選出した4名のハンサムウーマンのうち1名と交流する。2013年1月から3月の設定で、集客目標は500人。

日本旅行 赤い風船 会津若松・現代の八重に会いに行こう!


http://pamphlet.nta.co.jp/tyo12464/pageview/pageview.html#page_num=0

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。