関空、外国人旅客が月間で過去最高、伊丹は5ヶ月ぶりに増加 ー2013年4月実績

新関西空港空港は、関西国際空港および伊丹空港の2013年4月運営概況(速報値)を発表した。それによると、関空の国際線旅客便の発着回数は、中国方面で減便があったものの、台湾やアジア方面で増便により、前年同月比1%減の5628回となった。それに伴い、国際線の旅客数も同1%減の93万2998人。そのうち、日本人は同14%減の45万7680人となり、2ヶ月ぶりに前年を下回ったが、外国人は同20%増の45万7180人と大幅に増加。他月も含めて月間として開港以来最高の実績となった。通過は同40%減の1万8138人。国内線旅客便の発着回数は、新規就航や増便により、同17%増の3153回。旅客数も同14%増の41万8652人となり、19ヶ月連続で前年を上回る結果となった。

伊丹空港では、プロペラ機発着枠が一部低騒音ジェット機枠に転換されたことにともなう増便で、発着回数は同10%増の1万1346回となり、2ヶ月連続で前年を上回った。これにともない、旅客数も同2%増の107万5392人となり、5ヶ月ぶりに前年を上回った。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。