エミレーツ航空、機内コミュニケーションと顧客管理のアプリーションで表彰

エミレーツ航空(EK)の自社のビジネスアプリケーション「KIS (Knowledge Driven Inflight Service:知識主導型機内サービス)」システムが、中東地域のITメディアグループCorporate Publishing International(CPI)のエディターズ・チョイス賞に選出された。

このアプリケーションは、2012年同社とマイクロソフト、ヒューレット・パッカードが共同でエミレーツ専用に開発したもの。客室乗務員向け機内コミュニケーションと顧客管理をサポートする。客室乗務員はタブレット端末で、必要な業務や搭乗者のニーズにさらに迅速に対応できるようになったという。

CPIのエディターズ・チョイス賞は、中東のIT雑誌であるCNMT(Computer News Middle East)誌が主催するICT(Infromation Communication Technology)アチーブメント賞のひとつ。この賞は、テクノロジーの限界を押し上げ、自社の業績向上と成長に貢献した中東地域のテクノロジー・リーダーを表彰する賞だ。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。