検索タグ "アワード、認定"

フィリピン政府、マニラの城壁都市を「持続可能な創造的都市遺産地区」に認定

フィリピン政府、マニラの城壁都市を「持続可能な創造的都市遺産地区」に認定

フィリピン政府観光省はこのほど、マニラにある城壁都市イントラムロス地区を「持続可能な創造的都市遺産地区」に認定。
今年の「周年記念企業」は15万7500社、2020年はオリエンタルランドが60周年、宮城「鳴子観光ホテル」は400周年に ―帝国データバンク

今年の「周年記念企業」は15万7500社、2020年はオリエンタルランドが60周年、宮城「鳴子観光ホテル」は400周年に ―帝国データバンク

帝国データバンクが2020年に創業から節目の年を迎える「周年記念企業」を発表。全国15万7507社のうち上場企業は420社。
ミシュランガイド東京2020を発表、3つ星は11軒、日本料理「かどわき」がランクアップ

ミシュランガイド東京2020を発表、3つ星は11軒、日本料理「かどわき」がランクアップ

日本ミシュランタイヤが東京の飲食店と宿泊施設を紹介する「ミシュランガイド東京2020」を発表。今回は464軒の飲食店と34軒の宿泊施設を掲載、「三つ星」は11軒。
旅行イノベーション賞、ビッグデータ活用のMICE支援から超音速ジェット機開発まで -フォーカスライト・カンファレンス

旅行イノベーション賞、ビッグデータ活用のMICE支援から超音速ジェット機開発まで -フォーカスライト・カンファレンス

フォーカスライトが、さまざまな企業が革新的なアプリやソリューションを発表する「フォーカスライト・イノベーション・プラットフォーム」を実施。ビーグデータ活用のMICE支援から超音速ジェット機開発、ビーチ飲食のデジタル化まで受賞社は多彩に。
楽天トラベルの朝ごはんフェスティバル2019、優勝は新潟県「あてま温泉 当間高原リゾート ベルナティオ」に

楽天トラベルの朝ごはんフェスティバル2019、優勝は新潟県「あてま温泉 当間高原リゾート ベルナティオ」に

楽天トラベルが実施する「朝ごはんフェスティバル2019」が発表。今年は、新潟のリゾートの蟹の焼きおにぎりに茸の出汁をあわせたメニューが優勝。
アジアの変革者を称えるアワード「アジア・ゲーム・チェンジャー賞」、小池都知事やシートリップCEOジェーン・スン氏が受賞

アジアの変革者を称えるアワード「アジア・ゲーム・チェンジャー賞」、小池都知事やシートリップCEOジェーン・スン氏が受賞

米非営利組織「アジア・ソサエティ」が、今年の「アジア・ゲーム・チェンジャー賞」受賞者を発表。東京都知事の小池百合子氏やシートリップの最高経営責任者(CEO)孫潔(ジェーン・スン)氏らが対象に。
JAL、航空会社の格付け「5つ星エアライン」を獲得、2年連続で

JAL、航空会社の格付け「5つ星エアライン」を獲得、2年連続で

JALが世界で10社のみの「5スターエアライン」認定を2年連続で獲得。
デジタルトラベルに貢献した企業家6人が殿堂入り、国際会議「WiT」が選定、日本からベンチャーリパブリックの柴田氏も

デジタルトラベルに貢献した企業家6人が殿堂入り、国際会議「WiT」が選定、日本からベンチャーリパブリックの柴田氏も

WiT (Web in Travel)は、10月15日に開催されたWiTシンガポール2019で、デジタルトラベルの発展に貢献した企業家6人の殿堂入りを発表。日本からはベンチャーリパブリックCEOの柴田氏も選ばれた。
Trip.com、アプリでグーグルのアワード受賞、19言語で多様なユーザーに配慮したデザインを評価

Trip.com、アプリでグーグルのアワード受賞、19言語で多様なユーザーに配慮したデザインを評価

シートリップ傘下「トリップドットコム」のアプリが、米グーグルのデザインアワードを受賞。23か国地域・19言語の多様なユーザーに配慮したデザインが評価された。
「観光予報」活用コンテスト2019、大賞は白馬村観光局、複数データの分析で独自の推計モデルを構築 ―日本観光振興協会

「観光予報」活用コンテスト2019、大賞は白馬村観光局、複数データの分析で独自の推計モデルを構築 ―日本観光振興協会

日本観光振興協会が、「観光予報プラットフォーム活用コンテスト2019」の審査結果を発表。2019年は白馬村観光局が大賞(地域部門)を受賞。学生部門の入賞者発表も。
観光庁、「観光×テック」のピッチコンテスト開催、上位3者は「G20観光大臣会合」で発表へ

観光庁、「観光×テック」のピッチコンテスト開催、上位3者は「G20観光大臣会合」で発表へ

観光庁が2019年10月1日、「観光×テック」をテーマとしたピッチコンテスト「G20 Tourism Innovation Pitch」を開催した。上位3者が決定。
グッドデザイン賞2019が発表、観光系サービスが多数ノミネート、ベスト100の発表も

グッドデザイン賞2019が発表、観光系サービスが多数ノミネート、ベスト100の発表も

2019年度「グッドデザイン賞」で、観光・旅行関連プロジェクトが複数選出。新発想のコンセプトが評価。
日本の最優秀ブランド賞に「東京国際空港ターミナル」、優れた取り組みには「スーパーホテル」が選出 ーJapan Branding Awards

日本の最優秀ブランド賞に「東京国際空港ターミナル」、優れた取り組みには「スーパーホテル」が選出 ーJapan Branding Awards

インターブランドジャパンが、2019年度の「Japan Branding Awards」受賞ブランドを発表。「Best of the Best」には東京国際空港ターミナル(TIAT)、「Winners」にはスーパーホテルも選出された。
観光庁長官表彰の受賞団体が決定、チームラボや首都圏外郭放水路など、観光振興に寄与した5団体

観光庁長官表彰の受賞団体が決定、チームラボや首都圏外郭放水路など、観光振興に寄与した5団体

「第11回観光庁長官表彰」の受賞者に、開業1年で来場者数が230万人に達した「チームラボ」らを決定。
ジャパン・ツーリズム・アワード2019発表、国土交通大臣賞は百戦錬磨「農泊と世界をつなぐサービス」

ジャパン・ツーリズム・アワード2019発表、国土交通大臣賞は百戦錬磨「農泊と世界をつなぐサービス」

日本観光振興協会、日本旅行業協会(JATA)、日本政府観光局(JNTO)主催「第5回ジャパン・ツーリズム・アワード」が結果を発表。今年から国土交通大臣賞、観光庁長官賞を新設。
米TIME誌「世界で最も素晴らしい場所100選」で日本は4か所選出、チームラボのデジタルアート施設や「MUJI HOTEL」など

米TIME誌「世界で最も素晴らしい場所100選」で日本は4か所選出、チームラボのデジタルアート施設や「MUJI HOTEL」など

米TIMES誌が「世界で最も素晴らしい場所2019」を発表。チームラボのミュージアムなど、日本からは4か所を選出。
宿泊分野で「特定技能外国人」在留資格を認定、技能試験合格のベトナム人が第一号に

宿泊分野で「特定技能外国人」在留資格を認定、技能試験合格のベトナム人が第一号に

宿泊業技能測定試験に合格したベトナム人1名について、「特定技能1号」への在留資格変更を初めて許可。観光庁が発表。
JALやドコモが「世界自然遺産推進共同体」発足、奄美群島の環境保全、地域振興循環モデル確立で登録後押し

JALやドコモが「世界自然遺産推進共同体」発足、奄美群島の環境保全、地域振興循環モデル確立で登録後押し

日本航空、日本エアコミューター、NTTドコモの3社は2019年8月23日、奄美群島全島を含む鹿児島県内の企業、団体を対象とした「世界自然遺産推進共同体」を発足した。普及啓発や希少種の保護、密漁・密輸などの課題解決や調査研究に取り組む。
観光庁、DMO13法人を新たに登録、候補15法人も追加

観光庁、DMO13法人を新たに登録、候補15法人も追加

観光庁が2019年8月7日付けで、「日本版DMO」13法人と「日本版DMO候補法人」15法人を新たに追加。これにより、日本版DMOは合計136法人、候補法人は合計116法人となる。
オーバーツーリズム時代の「世界遺産登録」はどうあるべきか? 伊ベネチアの事例から課題と未来を考えた【外電】

オーバーツーリズム時代の「世界遺産登録」はどうあるべきか? 伊ベネチアの事例から課題と未来を考えた【外電】

世界遺産の街、イタリア・ベネチアのオーバーツーリズム問題を考察。ベネチア市長が「危機遺産リスト」への登録を求める理由やそれに対するユネスコの対応などから「世界遺産とツーリズム」の在り方を考える。