SAS、プレミアムエコノミー旅客も成田ラウンジを利用可能に

Annica Ahlberg-Valdna

スカンジナビア航空(SK)は、プレミアムエコノミークラスにあたる「SAS Plus」の乗客も成田空港の提携ラウンジを利用することができるようにした。欧州の空港(コペンハーゲン、オスロ、ストックホルム、ヨーテボリ、ヘルシンキ、ブリュッセル、ロンドン、パリ)で展開しているSASラウンジも引き続き利用が可能だ。

SAS Plusのシートは、ゆったりとしたスペースを確保できる他、6.4インチのパーソナルモニターも設置され、映画や音楽がオンデマンドで楽しむことができる。またもSAS Businessのカウンターでのチェックインも可能。手荷物チェック専用レーン、ファストトラックの利用や優先搭乗サービスも受けることができる。さらに、最多で2個(各23kgまで)の荷物を預けることができ、機内持ち込み手荷物も2つまで認められる。このほか、SASマイレージサービス「ユーロボーナス」メンバーは、SAS Plusの利用で200%のポイントが加算される。


みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。