JAL、スカイスイート777をフランクフルト線にも導入

日本航空(JL)は、ボーイング777-300ER型機「SKY SUITE 777(スカイスイート777)」を2014年4月から成田/フランクフルト線に就航させる。

スカイスイート777は、「ひとクラス上の最高品質」をテーマに掲げ、全クラスで居住性・機能性を大きく進化、2013年度「グッドデザイン賞」のほか、SKYTRAX社による「ベスト・ビジネスクラス・エアラインシート」賞を受賞するなど、高い評価を得ている。

座席はファーストクラスのJAL SUITE8席、ビジネスクラスのSKY SUITE49席、プレミアム・エコノミーのSKY PREMIUM40席、エコノミークラスのSKY WIDER135席/147席。今年1月に成田/ロンドン線に導入して以降、これまでに、ニューヨーク、パリ、ロサンゼルス線に就航させている。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。