アマゾン、危険物空輸で罰金9万米ドル、可燃物配送の不適切な対応で

アマゾン・ドット・コムは、米運輸省の危険物規制に違反したとして、罰金9万1,000米ドルを支払った。2013年9月16日にアマゾンはフェデラル・エクスプレスで可燃性液体接着剤のパッケージをインディアナ州ホワイツタウンからコロラド州ボルダーに配送。ボルダーでフェデックス社員が接着剤の内容物が漏れているのを発見した。この種類の接着剤は、米運輸省の規制のもと危険物(HazMat)に分類されている。

アマゾンは、配送に必要な書類や緊急対応情報を用意することなく配送。配送に際して、可燃性を示す適切なラベルやマークの添付も怠った。また、米連邦航空局(FAA)は、アマゾンはHazMatの空輸に関して適切な社員教育も欠けていた、と結論づけた。FAAは、今年2月にアマゾン・ドット・コムに対して、民事制裁金を課していた。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。