検索タグ "航空行政"

国土交通省、羽田空港の新飛行経路でテスト完了、騒音の測定結果も公表

国土交通省、羽田空港の新飛行経路でテスト完了、騒音の測定結果も公表

国土交通省が、羽田空港の新飛行経路の実機飛行による確認を実施。2020年3月29日の新飛行経路の運用開始と国際線の増便に向けたもの。
国内航空12社で遅延率が一番少なかったのはスターフライヤー、LCC5社は2割超えに -2019年7~9月

国内航空12社で遅延率が一番少なかったのはスターフライヤー、LCC5社は2割超えに -2019年7~9月

国交省が国内航空会社の遅延率、欠航率を発表。2019年7月から9月までの「特定本邦航空事業者・航空輸送サービスに係る情報」で。
中国の長竜航空に新規乗り入れ許可、11月7日から中部/西安線を新規開設

中国の長竜航空に新規乗り入れ許可、11月7日から中部/西安線を新規開設

中国の長竜航空に外国人国際航空運送事業の経営許可。11月7日から中部/西安線を週7便で新規開設する。
ラオス航空に外国人国際航空運送事業の経営許可、来年3月から熊本に就航へ

ラオス航空に外国人国際航空運送事業の経営許可、来年3月から熊本に就航へ

国営ラオス航空は国交省から外国人国際航空運送事業の経営許可を取得。来年3月に熊本に就航へ。
羽田空港の発着枠配分が決定、国際線は9カ国でANA13.5便/JAL11.5便に、国内線は16枠を再配分

羽田空港の発着枠配分が決定、国際線は9カ国でANA13.5便/JAL11.5便に、国内線は16枠を再配分

国土交通省は、2020年夏期ダイヤ(2020年3月29日〜)から拡大される羽田空港の昼間時間帯の国際線発着枠配分を決定。また、国内線についてはも回収した枠を再評価した結果、新たに地方枠として再配分した。
羽田空港・国内線発着枠配分の基本方針、国交省が取りまとめ、「6社全社から1枠以上を回収」など

羽田空港・国内線発着枠配分の基本方針、国交省が取りまとめ、「6社全社から1枠以上を回収」など

国土交通省が2020年以降の羽田空港の国内線発着枠配分の見直しに関する方針を発表。2020年1月に混雑空港の使用許可期限が到来することに備え、発着枠見直しの基本的考え方を整理。
羽田空港の国際線、年間3.9万回増便へ、新飛行ルートを2020年3月末から運用開始、国交省が正式発表

羽田空港の国際線、年間3.9万回増便へ、新飛行ルートを2020年3月末から運用開始、国交省が正式発表

国土交通省は2020年3月29日より、羽田空港に離着陸する航空機の新飛行経路を運用開始。国際線を年間約3.9万回増便する計画。
国交省、羽田空港の増枠で「米国に12枠」で合意、2020年までの開設で調整へ

国交省、羽田空港の増枠で「米国に12枠」で合意、2020年までの開設で調整へ

国土交通省が2019年2月12日、羽田空港の新飛行経路導入に伴う発着枠について、「米国に12枠を配分する」ことで合意したと発表。
日本と中国の航空当局が協力合意、航空交通容量拡大や新技術の活用などで ―国土交通省

日本と中国の航空当局が協力合意、航空交通容量拡大や新技術の活用などで ―国土交通省

2018年6月25日、日本と中国の航空管制当局は航空交通容量の拡大や航空交通流管理などに向けた協力をおこなうことで合意。
観光新財源、日本旅行業協会は米国方式の「外国人旅行者への入国手続料」課金を提言、新制度で「需要減退の恐れ」も

観光新財源、日本旅行業協会は米国方式の「外国人旅行者への入国手続料」課金を提言、新制度で「需要減退の恐れ」も

日本旅行業協会(JATA)は観光の新たな財源(いわゆる出国税など)への立場と考え方を発表。「JATAとして必ずしも反対ではない」が日本人旅行者の需要減退につながる懸念も。
米、パソコンの機内持ち込み禁止を一部解除、中東各社の米国路線への安全対策が進む

米、パソコンの機内持ち込み禁止を一部解除、中東各社の米国路線への安全対策が進む

米政府が、中東など7都市からの国際線を対象に導入していたパソコンの機内持ち込み禁止ルールについて、一部の航空会社を適用対象外に。エティハド、エミレーツ、トルコ航空が対象。
日本とクロアチアの航空当局間協議、定期便就航へ暫定的な枠組みで合意

日本とクロアチアの航空当局間協議、定期便就航へ暫定的な枠組みで合意

日本とクロアチア航空当局が2017年6月9日、将来的な定期便就航を前提に協議。暫定的な枠組みの設定で合意。
国交省、国際チャーター便の規制緩和でパブコメ募集、潜在的な需要掘り起こしに向け

国交省、国際チャーター便の規制緩和でパブコメ募集、潜在的な需要掘り起こしに向け

国土交通省交通局は2017年5月31日、国内を発着する国際チャーター便にの運行に関するパブリックコメントの募集を開始。
米国発着の国際線でパソコンの機内持ち込み禁止の可能性、米ケリー長官は否定せず

米国発着の国際線でパソコンの機内持ち込み禁止の可能性、米ケリー長官は否定せず

米国土安全保障省のジョン・ケリー長官が、PCの機内持ち込み禁止規制で言及。米発着の全国際線を対象にする可能性を示唆。
米国、旅客機内へのPC持ち込み禁止案はひとまず回避、欧州/北米線の大混乱を勘案【外電】

米国、旅客機内へのPC持ち込み禁止案はひとまず回避、欧州/北米線の大混乱を勘案【外電】

AP通信によると、欧州/北米路線における電子機器の機内持ち込み規制案がひとまず「見送り」に。引き続き不透明な情勢が続く。
航空分野の地球温暖化対策に日本が参加決定、2021年から温室効果ガス削減を義務化へ

航空分野の地球温暖化対策に日本が参加決定、2021年から温室効果ガス削減を義務化へ

国土交通省が発表した第39回国際民間航空機関(ICAO)総会の審議結果によると、温室効果ガス排出削減制度への参加が決定。継続して主要理事国にも選出。
EU域内の飛行禁止リストが改訂、ザンビアの航空会社やエア・マダガスカルなどを乗り入れ可能に

EU域内の飛行禁止リストが改訂、ザンビアの航空会社やエア・マダガスカルなどを乗り入れ可能に

欧州連合(EU)の欧州委員会が2016年6月16日、EU域内での飛行禁止航空会社リストを更新。規制対象の航空会社は全216社。
英国の航空旅客数、EU離脱で2020年までに3~5%減少の試算 ―IATA予測

英国の航空旅客数、EU離脱で2020年までに3~5%減少の試算 ―IATA予測

国際航空運送協会(IATA)は2016年6月24日、英国のEU離脱(ブレグジット: Brexit)決定を受けたレポートを発表。英国の航空乗客数は2020年までに3~5%減少する恐れがあると試算。
国内LCC4社トップが現在と未来を議論、需要の底上げ事例からLCCアライアンスまで -CAPA国際会議で

国内LCC4社トップが現在と未来を議論、需要の底上げ事例からLCCアライアンスまで -CAPA国際会議で

航空関連民間シンクタンクCAPA (Center for Aviation)が「CAPA LCCs in North Asia 2016」を開催。日本のLCC4社のトップが登壇。それぞれの戦略を説明。また、日本のLCC市場の現状と将来について議論がかわされた。
日本とスペインが航空自由化(オープンスカイ)で合意、JALは10月から復便のイベリア航空と共同事業へ

日本とスペインが航空自由化(オープンスカイ)で合意、JALは10月から復便のイベリア航空と共同事業へ

日本とスペイン航空当局は2016年5月20日、二国間のオープンスカイ(航空自由化)で合意。10月からイベリア航空が成田/マドリード直行便を20年ぶりに再開予定。