日本・ブラジル航空協議、コードシェアの完全自由化で合意

日本とブラジルとの航空当局間協議が4月8日から10日にかけてリオデジャネイロで開催され、日本とブラジル双方の航空企業の運航の柔軟性を拡大する観点からコードシェアの枠組みを完全自由化することで合意した。また、航空の安全および保安対策について、国際民間航空機関(ICAO)の基準・義務を順守することを確認し、両国双方の協力体制を強化していくことでも合意した。協議には日本から大塚洋大臣官房審議官、ブラジルからブルーノ・シルヴァ・ダルコルモ国際関係監督局長が出席した。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。