JALUX、訪日外国人向けのAR機能スマホアプリを提供、山形の国際会議参加者に

JALUXは、山形市内の観光資源を紹介するAR機能付きのスマートフォン用公式ガイドアプリを開発した。2014年6月4日~7日まで、山形市で開催される国際青年会議所の国際会議「2014JCI ASPAC」の参加者向けに提供するもの。

アプリは「JCI ASPAC YAMAGATA NAVI」と称し、山形市内の観光スポットやグルメ、歴史的建造物等の魅力を伝える。カメラモードで映し出した町並みには観光情報が浮き上がり、タッチすると詳細な情報や画像を表示。今回の会議には海外から約1500名、国内から約6500名の参加が予定されており、英語による言語対応もする。

JALUXでは今後も訪日外国人需要に合わせ、「空港」の場を活用した催事を組み合わせた提案活動を行ない、地方自治体とタイアップによる観光促進と地方活性化に取り組んでいく方針だ。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。