JR東海、秋の紅葉シーズンに臨時列車を過去最多2万1820本に、在来線は臨時特急など246本

JR東海は、秋の期間中(2014年10月1日〜11月30日)の臨時列車を運転、紅葉の見ごろを迎える京都・奈良方面をはじめ、信州など沿線観光地やイベント客の増加を見込み、秋では過去最多の2万1820本の運行を予定する。

新幹線は乗客の集中する朝夕の時間帯や週末に多くの列車を設定し、1日平均で前年より11本多い358本を運転。特に期間中の3連休は1日平均376本とする。東海道・山陽新幹線を直通する「のぞみ」は、1日平均で前年より3本多い116本を運転。3連休や休前日など利用が集中する時間帯に1時間当たり最大10本の「のぞみ」を設定。座席を取りやすくした。

在来線においては、行楽に便利な臨時特急・急行列車を246本運転する。信州旅行客に向きの松本・白馬方面への臨時特急「ワイドビューしなの」は前年より32本多い48本に拡大。下呂・高山方面の臨時特急「ワイドビューひだ」は38本、熊野・紀伊勝浦方面の臨時特急「ワイドビュー南紀」は22本運転する。また、イベントにも対応。「F1日本グランプリ」開催に合わせた臨時列車は10月4、5日に臨時特急「鈴鹿グランプリ」を8本運転予定だ。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。