【図解】訪日外国人数が年間累計750万人突破、2015年5月は約5割増の164.2万人に

日本政府観光局(JNTO)によると、2015年5月の訪日外国人の人数(訪日外客数:推計値)は前年同月比49.6%増の164万2000人だった。先月に続き、昨年同月よりも50万以上の増加。5月までの累計では、750万人を突破しており、引き続き好調な推移となっている。

*出国者数はこちら>>>

2015年5月の状況と前年推移は以下のとおり。

※本グラフはコピー&ペーストで自由に転載可

市場別では、首位となったのは中国で前年同月比133.6%の38万7200人。続いて台湾が過去最高となる同20.5%増の33万9700人、韓国が同61.5%増の31万5400人と続いた。ここに香港を含めたアジア4市場の合計は116万3000人となり、全体の7割となった。

各市場別の数値は以下のとおり。

JNTO資料より

JNTOは、例年5月が4月の桜シーズンと夏休みシーズンの狭間で、伸び率が鈍化する傾向にあったが、今年の勢いは衰えなかったとして好調なペースを評価。円安傾向、航空路線の拡大、査証免除や要件緩和、消費税免税制度の拡充など、環境、政策が合致したことが増加の要因としている。

また、6月以降は多くの市場が夏休みシーズンに入ることから、一層の訪日旅行者増加に期待している。

なお、韓国における中東呼吸器症候群(MERS)の感染拡大については、動向を注視する必要があるとした。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。

一歩先の未来がみえるメルマガ「今日のヘッドライン」 、もうご登録済みですよね?

もし未だ登録していないなら…