台湾LCCのVエアが日本路線を開設、中部・関空・福岡の3都市から就航へ

台湾のLCC、Vエア(ZV)は2015年12月15日、中部/台北(桃園)線を就航する。11月12日付で国土交通省から、外国人国際航空運送事業の経営許可を得た。

運航頻度は週4便(月・火・金・土)で、機材はエアバスA321-200型機を使用。運賃は片道9110円~で、就航記念運賃を期間限定で片道1350円で設定している。さらにVエアでは2016年1月23日からは関空線、1月25日からは福岡線をそれぞれ週7便で運航する予定だ。

なお、Vエアは台湾のトランスアジア航空(GE)が2013年11月に設立したLCCで、2014年12月に運航を開始。現在、台湾桃園国際空港をハブに、バンコク、チェンマイ、釜山に就航している。


【Vエア 日本路線スケジュール】※認可前提

中部/台北線

  • ZV203 中部 00:45発/台北 03:35着(火・水・土・日)※2015年12月15日~2016年1月7日
  • ZV203 中部 11:05発/台北 13:45着(月・火・金・土)※2016年1月8日~3月26日
  • ZV202 台北 19:45発/中部 23:45着(月・火・金・土)※2015年12月15日~2016年1月7日
  • ZV202 台北 06:05発/中部 10:05着(月・火・金・土)※2016年1月8日~3月26日

関空/台北線

  • ZV209 関空 12:30発/台北 15:00着(毎日)
  • ZV208 台北 07:40発/関空 11:30着(毎日)

福岡/台北線

  • ZV213 福岡 19:00発/台北 20:45着(毎日)
  • ZV212 台北 14:35発/福岡 18:00着(毎日)

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。

注目観光局 セレクト5SPONSORED

トラベルボイスが注目する観光局の特設サイトです。ロゴをクリックすると注目観光局のインタビューやニュースを一覧することができます。

観光産業ニュース「トラベルボイス」編集部から届く

一歩先の未来がみえるメルマガ「今日のヘッドライン」 、もうご登録済みですよね?

もし未だ登録していないなら…