日本最長のつり橋が誕生、富士山や伊豆の絶景を眺む観光の新スポットに -静岡県・三島に

静岡県三島市に2015年12月14日、日本最長のつり橋となる「三島スカイウォーク(正式名:箱根西麓・三島大吊橋)」が開業する。長さは400メートル、高さ70.6メートルで、歩行者専用の人道つり橋として最長となる。

三島と箱根を結ぶ国道1号線沿いにあり、箱根峠ICから車で約10分、東名高速道路沼津ICから約15分。吊り橋からは富士山のほか、駿河湾や伊豆の山並みなどの絶景が一望できる。箱根の新しい観光スポットとして様々なイベントも企画し、年間180万人の来場者数を見込んでいるという。

入場料金は大人1000円、中高生500円、小学生200円、幼児は無料で、障害者割引制度もある。つり橋の歩道幅は車いす同士がすれ違うことができるよう、1.6メートルと広めの設計となっている。詳細は三島スカイウォークのホームページへ。


みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。

注目観光局 セレクト5SPONSORED

トラベルボイスが注目する観光局の特設サイトです。ロゴをクリックすると注目観光局のインタビューやニュースを一覧することができます。

観光産業ニュース「トラベルボイス」編集部から届く

一歩先の未来がみえるメルマガ「今日のヘッドライン」 、もうご登録済みですよね?

もし未だ登録していないなら…