「青春18きっぷ」で北海道新幹線の乗車を可能に、オプション券設定で

JRグループは2016年3月26日の北海道新幹線開業に伴い、「青春18きっぷ」との併用時に適用する「青春18きっぷ北海道新幹線オプション券」を販売する。

「青春18きっぷ」は一部の特例を除き、全国のJR線の普通・快速列車の普通自由席などを対象にした割安な企画きっぷ。現在は、特急列車のみが運行する青函トンネルの区間(津軽海峡線の木古内/蟹田)も特例対象となっている。

しかし、北海道新幹線開業後は新幹線のみの運行となることから、青春18きっぷとして初めて新幹線用のオプションを設定。同オプション券との併用で、対象区間における新幹線利用を可能とした。オプション券の価格は2300円。

あわせて、北海道新幹線開業に伴い、道南いさりび鉄道線に経営移管される区間(木古内/五稜郭)も「青春18きっぷ」の対象外となることから、同オプション券との併用で利用可能とした。ただし、北海道新幹線と道南いさりび鉄道線を連続利用する行程であることが条件となる。

このほか、JR北海道では北海道新幹線の開業に合わせ、インターネット予約限定の「北海道ネットきっぷ」「北海道お先にネットきっぷ」を、2016年2月26日から発売。また、訪日外国人旅行者を対象に、東京/札幌間を対象にした新しいフリーパス「JR East-South Hokkaido Rail Pass」を、JR東日本との共同商品として設定した。新幹線も利用可能で、料金は2万7000円(6日間有効)。海外での販売の場合は1000円安い設定となる。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。