カンタス航空、オーストラリア国内線で無料Wi-Fiサービス開始、2017年から

カンタス航空(QF)は2017年から、オーストラリア国内線での高速機内Wi-Fiサービスを開始する。2016年後半よりB737機にて試験を実施。2017年初頭からA330とB737全体でサービス開始となる見通し。Wi-Fi利用料は無料だ。

現地の大手通信事業者「ビアサット(ViaSat)」のサポートを得、機材と地上の基地局、国内ブロードバンド網による独自の衛星通信をつなげるもの。通信速度は従来の機内Wi-Fiと比較して10倍程度(1人あたり最高20Mbps)を想定。搭乗者は地上にいるときと同等の速度で利用可能となる。

カンタスでは新サービスを活用し、ネット経由でストリーミング配信による映画やテレビ番組、ニュース、スポーツ中継などを提供。機内エンターテインメントサービスの充実につなげる考え。また、今後は国際線と地域路線での提供も検討していくとしている。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。