エティハド航空、本格的な仮想現実(VR)動画を公開、ニコール・キッドマン出演で 【動画】

エティハド航空は、ハリウッド女優ニコール・キッドマンが出演するプロモーション動画を、ヴァーチャルリアリティ(VR)を活用して制作した。視聴者がニコール・キッドマンとともに、エティハド航空の最新のエアバスA380型機によるニューヨーク/アブダビ間のフライトの仮想体験をできるようにしたもの。

動画には最新のVRテクノロジーと手法を用い、シーンごとに光や音、動き、会話の感覚を刺激するようなテーマを設定。2階建てのA380内のエコノミークラス、ビジネスクラス、ファーストクラス、さらにファーストクラスより上の「レジデンスクラス」をニコール・キッドマンが利用する様子を、360度のVR映像で作成した。2016年5月27日に公開し、6月17日には立体音バージョンも公開する予定だ。

VR動画の視聴には、エティハド航空の同動画サイトからアプリ「Oculus(オキュラス) VR」(AndoroidまたはiOS)のダウンロードが必要。ヘッドマウントディスプレイの「Oculus Rift」や、組み立て型のビューア「Google Cardboard」などのVRヘッドセットがあると本格的なVR動画が見られるが、VRヘッドセットなしでも360度の動画を見ることができる。Youtubeでも公開している。

エティハド航空 VR動画

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。