検索タグ "A380"

ハワイに就航した超大型機「A380」、そのスケール感から乗り心地、ANAの戦略まで専門家が解説した【写真】

ハワイに就航した超大型機「A380」、そのスケール感から乗り心地、ANAの戦略まで専門家が解説した【写真】

【秋本俊二のエアライン・レポート】2019年5月24日、ANAが日本で初導入したエアバスのオール2階建て機A380の成田/ホノルル線が就航。この超大型機や当日のフライトの様子をレポート。
超大型旅客機「A380」が製造終了へ、エアバス社が公式発表、発注数減少を受けて2021年の引き渡しを最後に

超大型旅客機「A380」が製造終了へ、エアバス社が公式発表、発注数減少を受けて2021年の引き渡しを最後に

欧州航空機大手のエアバスは2019年2月14日、2021年に超大型機A380の製造を中止すると発表。
ANA、A380型機就航のホノルル線で初便搭乗者に記念パーティ、各種ツアーを企画

ANA、A380型機就航のホノルル線で初便搭乗者に記念パーティ、各種ツアーを企画

ANAセールスは、2019年5月24日に成田/ホノルル線に就航する総2階建てエアバスA380型を利用するハワイ記念商品を企画。初便搭乗者には現地でパーティ開催。ファーストクラス、カウチシートの設定も。
エミレーツ航空、A380を関西路線に投入、2018年秋から毎日運航で

エミレーツ航空、A380を関西路線に投入、2018年秋から毎日運航で

エミレーツ航空は、今年10月28日から関西/ドバイ線に489席のA380を投入する。
ANA、ハワイ線のA380型機の機内仕様を発表、ファーストクラスに日本初の「ドア付き個室型」席、エコノミーには「ごろ寝」できる座席【画像】

ANA、ハワイ線のA380型機の機内仕様を発表、ファーストクラスに日本初の「ドア付き個室型」席、エコノミーには「ごろ寝」できる座席【画像】

ANAがハワイ線で導入するA380型機の機体デザインと機内仕様を発表。日本初の独立型ファーストクラスや、ベッドのようになるエコノミークラスのカウチ席も。
エアバス社がA380を生産中止に? カギを握るエミレーツ航空、生産存続で長期契約が必須に

エアバス社がA380を生産中止に? カギを握るエミレーツ航空、生産存続で長期契約が必須に

AP通信は、エアバスはエミレーツ航空との契約次第でA380の生産を中止すると報道。エアバスのジョン・リーヒーCOOは「エミレーツ航空との取引がうまくいかなければ、A380プログラムを中止する他ない」と発言した。
ANAのA380型機ハワイ線、特別塗装は「空飛ぶウミガメ」に

ANAのA380型機ハワイ線、特別塗装は「空飛ぶウミガメ」に

ANAが東京/ハワイ線に導入するエアバスA380型機の特別塗装を発表。ハワイの海でくつろぐウミガメの家族をモチーフに、愛称は「FLYING HONU」。
エミレーツ航空、ドバイ/サンパウロ線にエアバスA380型機を導入、3月末から

エミレーツ航空、ドバイ/サンパウロ線にエアバスA380型機を導入、3月末から

エミレーツ航空が2017年3月26日より、ドバイ/サンパウロ線にエアバスA380型機を導入。
タイ国際航空、中部国際空港にA380型機を初就航、国内3空港の発着便で運航へ

タイ国際航空、中部国際空港にA380型機を初就航、国内3空港の発着便で運航へ

タイ国際航空が超大型旅客機・A380を中部/バンコク線に投入。中部へのA380就航は初めて。3月の期間限定で。
ANAセールス、2017年海外ツアーはハワイを大幅強化、Wi-Fi貸出しなど特典設定で77%増狙う

ANAセールス、2017年海外ツアーはハワイを大幅強化、Wi-Fi貸出しなど特典設定で77%増狙う

ANAセールスが2017年上期海外旅行商品はハワイの目標数を7割増に強化。スケジュール変更による乗り継ぎ利便の向上で全国からの需要拡大を期待。
ディズニーシー15周年のグランドフィナーレ発表、2017年3月17日まで

ディズニーシー15周年のグランドフィナーレ発表、2017年3月17日まで

東京ディズニーシーは15周年記念の「ザ・イヤー・オブ・ザ・ウィッシュ」について、2017年3月17日にグランドフィナーレとすると発表。2017年1月13日から、グランドフィナーレの特別イベントを開催。
エールフランス航空、日本発フライトにも選択できる有料機内食を提供、マイルと交換可能で12ユーロから

エールフランス航空、日本発フライトにも選択できる有料機内食を提供、マイルと交換可能で12ユーロから

エールフランス航空はパリ発の長距離フライトで実施しているエコノミークラスとプレミアム・エコノミークラス限定の有料ミールサービスを、日本発フライトでも開始。リピーターの多い日本人に対応。
ANA、国際線の利用率が8割超、ヨーロッパ路線の旅客数の前年割れ続く -2016年8月実績

ANA、国際線の利用率が8割超、ヨーロッパ路線の旅客数の前年割れ続く -2016年8月実績

ANAの2016年8月の旅客実績が発表。国際線は7.1%増の82万6996人で、利用率が81.2%と8割台に。国内線も2.1%増の383万9799人で利用率が上期初の7割台になった。
超大型航空機の時代は終わったのか? エアバスが発表した「A380減産」の背景と経緯を解説  【コラム】

超大型航空機の時代は終わったのか? エアバスが発表した「A380減産」の背景と経緯を解説 【コラム】

エアバスがA380の減産を発表。超大型機を使った豪華なフライトは今後どうなるのか。作家/航空ジャーナリスト秋本俊二氏が、これまでの経緯とともに今回のニュースを解説。
エティハド航空、本格的な仮想現実(VR)動画を公開、ニコール・キッドマン出演で 【動画】

エティハド航空、本格的な仮想現実(VR)動画を公開、ニコール・キッドマン出演で 【動画】

エティハド航空は、A380型機のフライトを仮想体験する本格ヴァーチャルリアリティ(VR)動画を制作。ハリウッド女優ニコール・キッドマンとアブダビ/ニューヨークへのフライトを体験。
関空に巨大旅客機A380が再就航、タイ国際航空が1日1便、バンコク線で

関空に巨大旅客機A380が再就航、タイ国際航空が1日1便、バンコク線で

タイ国際航空は超大型旅客機エアバスA380型機を、関空線で運航。2015年7月以来、約9か月ぶりの就航で、関空にA380を定期便で運航するのはタイ国際航空のみ。
来年はシンガポール・日本の国交50周年記念、観光局などが日本市場向けキャンペーンを開始

来年はシンガポール・日本の国交50周年記念、観光局などが日本市場向けキャンペーンを開始

シンガポール政府観光局(STB)などは、2016年にシンガポールと日本の外交関係樹立50周年を迎えることを記念した日本市場向けに「Wでお得なキャンペーン」を共同で実施する。
関空、第一ターミナル北ウイングでA380対応ゲートの供用開始

関空、第一ターミナル北ウイングでA380対応ゲートの供用開始

関西国際空港は、A380のアッパーデッキ対応を可能する第1ターミナル北ウイング11番ゲートの改修を完了、10月24日から供用を開始する。
エアバス、A380の大型模型を「ツーリズムEXPOジャパン」で展示、エコノミー席は日本初

エアバス、A380の大型模型を「ツーリズムEXPOジャパン」で展示、エコノミー席は日本初

エアバスは2014年9月26~28日のツーリズムEXPOジャパンに出展し、A380型機のエコノミークラスの座席展示を行なう。日本の展示は今回が初めて。機内の3Dビデオ放映や大型模型展示も用意。
エミレーツ航空が50機目のA380受領、今年末までに就航都市は33都市に

エミレーツ航空が50機目のA380受領、今年末までに就航都市は33都市に

エミレーツ航空(EK)は、同航空50機目となるA380を受領した。EKは世界最大のA380運航航空会社で、現在は5大陸27空港に就航している。2014年末までには33都市に増える見込み。