アゴーラ・ホスピタリティーズ、英・富裕者層向けガイドで表彰、旧軽井沢ホテルなど2部門で日本初

アゴーラ・ホスピタリティーズが運営するホテル12施設からなるアゴーラ・ホテルアライアンスが、このほど英国の「ラグジュアリー・トラベル・ガイド・アワード2016(Luxury Travel Guide Award 2016)」で、「Luxury Hotel Group of the Year for Japan」を受賞した。同時に、同社運営の旧軽井沢ホテル(写真)は「Luxury Rural Retreat of the Year for Japan」を獲得。いずれも日本で初めての受賞となった。

「ラグジュアリー・トラベル・ガイド・アワード2016」は、世界中のホテルや航空会社、旅行会社を対象にしたアワード。ホテル部門では実際に宿泊したゲストのクチコミなどをもとにノミネート施設を選定し、その後専門チームがTripAdvisor、Booking.com、SNSやウェブデザインなどから情報収集をおこなって総合的に評価。最終的な受賞は、旅行業界のプロフェッショナル5名が決定するもの。ゲストの声が受賞の決め手になる点が特徴という。

「Luxury Hotel Group of the Year for Japan」は、複数の施設を持つグループやアライアンスが対象となる賞で、今回は国内5グループがノミネートされた後、同社のアライアンスが受賞。また、「Luxury Rural Retreat of the Year for Japan」は、都市部から離れてクオリティの高いサービスを提供できる施設が対象。ノミネートされた国内6施設のうち、旧軽井沢ホテルに決定した。

受賞した施設は世界40万人のプロフェッショナルが購読する「Awards Winner's Guide」に掲載される予定だ。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。