名鉄、中部国際空港のホテルに新棟建設、2018年秋に開業予定

名古屋鉄道が、中部国際空港セントレアホテルの隣接地に新棟を建設する。開業は2018年秋の予定。建物は名古屋鉄道が所有、運営は名鉄グランドホテルがおこなう。

今回の新棟建設は、昨今の中部国際航空の利用者増に加え、2019年に予定される大規模展示場の開業や新ターミナル整備といった空港島内の集客機能充実を見据えたもの。新棟は11階建てで客室数は約150室。延べ床面積は7000平方メートルとなる見通し。

新棟のイメージと建設イメージは以下のとおり。

名古屋鉄道:報道資料より

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。