国内LCCが出張需要の取込みへ、ジェットスターがビジネス旅客向けサイトと運賃オプションを設定

LCCジェットスター・ジャパンは、業務出張のビジネス需要の取り込みを本格化する。2017年2月8日、公式ウェブサイト上にビジネス出張サイト「Jetstar Business Hub」を開設。新たに設定した、ビジネス旅客向けの運賃オプションセット「フレックスBiz(フレックスビズ)」の販売を開始する。ジェットスター・ジャパンによると、ビジネス旅客向けの運賃オプションの設定は、本邦LCCでは初めて。

「フレックスBiz」は基本運賃のエコノミークラス「Starter」に、追加購入する形で利用できるオプション。価格は国内線が2000円、国際線が3000円で、搭乗当日に同一区間の前後便への変更を無料とするほか、キャンセル時には手数料の支払いの上で、購入額相当のフライトバウチャーで払い戻す。手荷物は通常の7キロまでの荷物に加えて、ノートパソコンなど座席下に収まるサイズの手荷物を重量問わず機内持ち込み可能にするなど、出張時の利便性を考慮した特典を提供する。

ビジネス出張サイトの利用には無料の登録が必要だが、搭乗2日前までの予約に対しては予約後48時間の購入期限を設定。急なスケジュール変更にも対応できるようにした。さらに、月次の利用実績レポートを自動送信する、経費作業のサポート機能も設けた。ビジネス出張サイトの購入条件は、「フレックスBiz」以外の通常運賃にも有効だ。

これにあわせ、ジェットスター・ジャパンではキャンペーンを実施する。内容は、ビジネス出張サイトに新規登録した先着1000名に対し、5000円分のフライトバウチャーを提供。新たにジェットスター・ジャパン運航便を予約した人に、「フレックスBiz」の価格を1円で提供する。ただし、「フレックスBiz」の価格1円キャンペーンは購入期間と搭乗期間に制限がある。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。