楽天トラベル、台湾の観光機関と日本人送客で連携、11%増を目標に

楽天トラベルは2017年3月9日、台湾観光協会と台湾への日本人旅行者数の増加に向けて協力する覚書(MOU)を締結した。2008年から毎年行なっているもので、2017年は送客目標を前年比11%増に設定した。

2016年、楽天トラベルはMOUに基づき、台湾へのプロモーションキャンペーンを42本実施。登録宿泊数は約18%増加し、送客数は約21%増となった。2016年に台湾を訪れた日本人の数は過去最多の約190万人となったが、楽天トラベルではこれに貢献したとしている。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。