インターコンチネンタル、初めての温泉リゾートを開業へ、別府・明礬温泉に

ホテル客室イメージ

IHG・ANA・ホテルズグループジャパンは、大分県別府市にラグジュアリースパ・リゾートとして「ANAインターコンチネンタル別府リゾート&スパ」をオープンすることを発表した。

別府インターから車で5分、別府駅から15分。市街と別府を見渡す明礬エリアの高台に位置し、敷地内には温泉を供する温浴施設を設置する。詳細はまだ決定していないが、源泉かけ流しや洞窟風呂など、日本ならではの温泉をモチーフとする施設での展開を検討している。温泉をメインとするリゾートは、インターコンチネンタルホテルとしては世界で初めてだという。

敷地面積は8万2000平方メートル、建物はメインとマウンテンウィング、オーシャンウィングの3棟構成。全89室で、専用ラウンジなど付帯サービスのある「クラブインターコンチネンタル」クラブフロアも設置する。このほか、スパやフィットネスルーム、プールも用意。

なお、ホテル開発は東京センチュリー、経営主体はGHSで、2018年初頭に着工。オープンに向け、大分県や別府市も広報的なサポートをしていくという。

ホテル外観イメージ

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。