西武鉄道、列車内飲み放題の「エビスビール特急」を運行、今年は駅ホームでビアガーデンも

西武鉄道はサッポロビールの協力のもと、2017年10月6日と7日に、イベント電車「西武鉄道 エビスビール特急2017 withシークレット駅酒場」を運行する。

特急レッドアロー号の車内に、バーカウンターと生ビールサーバーを設置し、車内で生のエビスビールを飲み放題で楽しめるようにしたもの。メットライフドームで活躍するエビスガールが同乗して盛り上げるほか、エビスビールの飲み放題は珍しいイベントでもあることから、昨年のイベントでは参加チケットが1週間で完売したという。

さらに今年は西武球場前のホームで、同イベント電車の乗客限定のビアガーデン「シークレット駅酒場」も特別開催。参加者限定の特別イベントを日替わりで開催するほか、「エビスマイスター(樽生)」、「樽詰スパークリングワイン・ポールスター」の試飲も行なう。

料金は食事の選択によって異なり、中国割烹旅館・掬水亭の「秋の特製中華御膳」とデザートのつく「本格中華満喫プラン」は1人5480円。和食創作料理屋・SAYA-楽屋「地元野菜の旬を味わう華やぎ弁当」とデザートのつく「プレミアム美食プラン」は1人5980円。8月22日からローソンチケットで販売し、定員になり次第終了する。


みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。