KNT個人旅行をクラブツーリズムに吸収合併へ、近ツーの再編進む、2018月4日1日付で

KNT-CTホールディングスは、2018年4月1日をもって、近畿日本ツーリスト個人旅行(KNT個人)をクラブツーリズムに吸収合併させることで決議した。4月に発表した事業構造改革の一環として、近畿日本ツーリストと近畿日本ツーリスト個人旅行の会社分割をおこなうことで、首都圏と関東地区の地域旅行会社等に再編するもの。

具体的には、新たに子会社3社(近畿日本ツーリスト首都圏、近畿日本ツーリスト関東、KNT-CT ウエブトラベル)を設立。KNTとKNT個人を分割会社とし、これら3社を継承会社とする分割型吸収分割方式をとる。

KNT-CTでは事業構造改革の基本方針として、(1)グループ横断的な事業戦略の策定機能および事業推進機能の強化、(2)地域密着による意思決定の迅速化、機動力の発揮、(3)訪日旅行事業、インターネット販売事業など成長マーケットへの専門特化、の3点を提示。組織の権限の集中をおこなうことで事業推進強化を行う一方、分社化を通じて専門分野に応じた営業体制拡充を推進しているところ。個人旅行商品の造成はクラブツーリズムに集約をおこない、商品力強化を図る方向を示していた。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。