世界の航空会社ランキング2018、トップは5年連続でニュージーランド航空、ANAとJALもトップ10入り -AirlineRatings

航空会社の格付けを行っているAirlineRatingsは、2018年のベストエアラインランキングを発表した。それによると、「エアライン・オブ・ザ・イヤー」を受賞したのは5年連続でニュージーランド航空。過去最高の業績を継続しているほか、革新的な機内サービス、環境への取り組み、新機材の導入、従業員のモチベーションなどが高く評価された。

トップ10には全日空(ANA)と日本航空(JAL)を含むアジアの5社がランキングされた。トップ10は以下の通り。

  1.  ニュージーランド航空
  2.  カンタス航空
  3.  シンガポール航空
  4.  ヴァージン・オーストラリア航空
  5.  ヴァージンアトランティック航空
  6.  エティハド航空
  7.  全日空(ANA)
  8.  大韓航空
  9.  キャセイパシフィック航空
  10.  日本航空(JAL)

このほか、「ベスト・キャビンクルー」はシンガポール航空が受賞。同航空は、「ベスト・ファーストクラス」にも選ばれている。また、「ベスト・ラウンジ」はカンタス航空、「ベスト・ウルトラLCC」はベトナムのベトジェット航空がそれぞれ受賞した。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。