LCCピーチ、個人の旅行体験から旅行探しができる新サイトを2018年春に開設、「誰と行くか」「ライフスタイル」から選ぶ仕組みづくり

LCCピーチ・アビエーションは、C2C型の旅行予約プラットフォーム「COTABI(コタビ)」を2018年春に開始する。また、本格稼働に先立ち、民泊予約プラットフォームAirbnbとの提携で、11月6日から同サイト上でAirbnbに登録されている宿泊施設とアクティビティの予約を開始した。

COTABIは、女性、カップル、ファミリーなど「属性」から旅を検索するプラットフォーム。個人がこれまで体験した移動手段、宿泊施設、アクティビティ、観光スポットなど旅のスタイルを登録し、ユーザーがCOTABI上でそれぞれを、あるいは一括して予約をするもの。将来的には、旅プランを可視化したCOTABIアイコンを個人のSNS上で情報発信することでCOTABI以外でのコミュニケーションにも広げていく考えだ。

COTABIは、いわゆる個人の旅行体験のキュレーションサイト。旅のプランを紹介する個人は、自身の体験した旅を登録するだけでガイドはしない。今後の登録数や売上目標などの事業計画については、デモンストレーション期間の反応を見て決めていく。また、ブッキングエンジンについては、それぞれ予約先との提携で進めていくが、将来的には自前システムの構築も視野に入れる。

同社CEOの井上慎一氏は「COTABIはピーチの次のイノベーション。デスティネーションからではなく、ライフスタイルから旅の予約をする仕組みを作っていく」と話し、新しい旅行スタイルの創出に意欲を示した。

ビーチでは今年3月にインスタグラマーが31日間、毎日異なる旅先の写真を自身のアカウントに投稿するキャンペーンを実施しところ、航空券の販売総額が前年同月比で240%増になったという。井上氏は「SNSの力は想像を超えている。新しいC2C型の旅行市場には高い潜在需要がある」と話し、COTABI立ち上げの背景に触れた。ビーチでは、価値観やライフスタイルから新しい旅を提案していくとこで、地方の知られていない観光コンテンツの掘り起こしにも貢献していきたい考えだ。

COTABIは、ピーチ、ANA、Airbnbによるパートナーシップ提携に合わせて発表された。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。