検索タグ "ピーチ・アビエーション"

LCCピーチ、0泊「弾丸運賃」を10路線で販売、日帰り往復用の特別運賃で6000円から、7月いっぱいの搭乗で

LCCピーチ、0泊「弾丸運賃」を10路線で販売、日帰り往復用の特別運賃で6000円から、7月いっぱいの搭乗で

Peach Aviationは、0泊「弾丸運賃」の販売を開始。対象となるのは新千歳、仙台、成田、中部、関西、福岡発の計10路線。運賃は6000円から。
LCCピーチとANAが共同運航便、8月下旬から、成田線と中部線の国内線で

LCCピーチとANAが共同運航便、8月下旬から、成田線と中部線の国内線で

Peach AviationとANAは、2021年8月下旬からPeachが運航する成田/札幌線、成田/福岡線、中部/札幌線などでコードシェアを実施する。
航空各社GW国内線利用実績、旅客数は前年比大幅増加も、緊急事態宣言の影響大きく搭乗率は低調に

航空各社GW国内線利用実績、旅客数は前年比大幅増加も、緊急事態宣言の影響大きく搭乗率は低調に

航空各社は今年のゴールデンウィーク期間(2021年4月29日~5月5日)の国内線利用実績を発表。前年からは大幅に旅客数を伸ばしたものの、ゴールデンウィーク前に発出された緊急事態宣言やまん延防止等重点措置の影響を受け、前々年比では依然として低い水準に。
航空各社のGW予約率、昨年より大幅増、今後は緊急事態宣言発出でキャンセル増加か

航空各社のGW予約率、昨年より大幅増、今後は緊急事態宣言発出でキャンセル増加か

今年のゴールデンウィーク期間(2021年4月29日~5月5日)の予約状況について、航空各社とも前年の予約率を上回り、50%前後で推移。しかし、3回目の緊急事態宣言が発出されることから、今後キャンセルが増える恐れも。
LCCピーチ、何度でもフライト変更可能な新運賃を販売、プラス2000円で手数料無料に

LCCピーチ、何度でもフライト変更可能な新運賃を販売、プラス2000円で手数料無料に

LCCのピーチは最も安い「シンプルピーチ」運賃に、2000円を追加することで、何度でもフライト変更手数料が無料になる「シンプルピーチプラス」運賃の販売を開始した。
LCCピーチ、航空予約と抗原検査をワンストップで提供、自己負担3000円、関西/宮崎、奄美線で実証実験

LCCピーチ、航空予約と抗原検査をワンストップで提供、自己負担3000円、関西/宮崎、奄美線で実証実験

ピーチが原検査後に国内線利用を可能とする「抗原検査後国内線利用実証事業」を実施する。対象は11月20日~12月19日搭乗分の関西/宮崎線、関西/奄美線の2路線。
LCCピーチ、12月24日から中部空港に就航、札幌・仙台へ新規開設、台北線も順次再開へ

LCCピーチ、12月24日から中部空港に就航、札幌・仙台へ新規開設、台北線も順次再開へ

Peach Aviationは、12月24日から中部/札幌線と中部/仙台線に新規就航。10月21日から就航記念セールの販売を開始。
LCCピーチ、ワーケーション制度を導入、休暇中の勤務日設定を可能に、企業や個人向けプログラム開発も

LCCピーチ、ワーケーション制度を導入、休暇中の勤務日設定を可能に、企業や個人向けプログラム開発も

LCCピーチ・アビエーションがワーケーション制度を導入。企業や個人向けのプログラム開発にも着手。
成田空港、第1ターミナル国内線エリアの使用を再開へ、LCCピーチの移転で

成田空港、第1ターミナル国内線エリアの使用を再開へ、LCCピーチの移転で

成田空港の第1ターミナル国内線エリアの使用が再開。LCCピーチが第3ターミナルから移転。
LCCピーチ、台湾路線を再開、10月25日から関西・羽田・成田発着で、国際線運休から7カ月ぶり

LCCピーチ、台湾路線を再開、10月25日から関西・羽田・成田発着で、国際線運休から7カ月ぶり

LCCのピーチは10月25日から、関西/台北線、羽田/台北線、成田/台北線の3路線をそれぞれ週3往復で再開する。国際線の運航再開は約7カ月ぶり。
LCCピーチ、8月1日から国内で新規路線を開設、成田/釧路、宮崎線で、奄美線はお盆期間に増便へ

LCCピーチ、8月1日から国内で新規路線を開設、成田/釧路、宮崎線で、奄美線はお盆期間に増便へ

LCCのピーチアビエーションが新規路線を開設。8月1日から成田/釧路線、成田/宮崎線をそれぞれ1日1往復で。
ANAとJALは前年比50%まで回復、7月以降の夏の需要回復を見越し、他の航空各社も国内線増便へ

ANAとJALは前年比50%まで回復、7月以降の夏の需要回復を見越し、他の航空各社も国内線増便へ

航空各社は、7月以降の国内線の運航便数を大幅に回復させる。ANAとJALは前年比約50%まで回復。Peachは7月22日から、ジェットスターは7月23日から国内線すべての路線を再開する。
LCCピーチ、国内線の運賃割引キャンペーン、変更手数料も無料に

LCCピーチ、国内線の運賃割引キャンペーン、変更手数料も無料に

Peach Aviationは、国内線を対象に期間限定でバリューピーチ運賃を割引する「コミコミ割」キャンペーンを実施。フライト変更手数料も無料に。
LCCピーチ、国内全路線で運航再開、6月19日から、感染防止の特設WEBページも開設

LCCピーチ、国内全路線で運航再開、6月19日から、感染防止の特設WEBページも開設

Peach Aviationは国内線の全路線で6月19日から運航を再開する。新型コロナウイルスの影響で国内線22路線のうち13路線で運休を実施しており、6月1日には沖縄/福岡線の運航を再開した。
LCCピーチ、泉佐野市の特別定額給付金の申請受付業務を受託、地域経済活性化活動の一環

LCCピーチ、泉佐野市の特別定額給付金の申請受付業務を受託、地域経済活性化活動の一環

Peach Aviationは、大阪府泉佐野市の「特別定額給付金」の申請受付業務を受託。泉佐野市の同航空オフィスで1日約20人が作業にあたる。
航空各社、GWは壊滅的な結果に、国内旅客数は軒並み90%以上の減少、緊急事態宣言による外出自粛で

航空各社、GWは壊滅的な結果に、国内旅客数は軒並み90%以上の減少、緊急事態宣言による外出自粛で

航空各社は今年のゴールデンウィーク期間(4月29日~5月6日)の利用実績は、緊急事態宣言の影響が大きく響き、国内線の旅客数は軒並み90%以上の減少に。
航空各社、GW予約数は9割減、前例ない下げ幅、新型コロナウイルスの緊急事態宣言で

航空各社、GW予約数は9割減、前例ない下げ幅、新型コロナウイルスの緊急事態宣言で

航空各社は、今年のゴールデンウィーク期間(2020年4年29日~5月6日)の予約状況を発表。緊急事態宣言下、軒並み前例のない下げ幅に。予約率は多くの航空会社が10%前後。
ピーチ井上CEOが語った「デジタル・リテーラー」のカタチとは? バニラエア統合後に見据える未来への戦略を聞いてきた

ピーチ井上CEOが語った「デジタル・リテーラー」のカタチとは? バニラエア統合後に見据える未来への戦略を聞いてきた

バニラエアとの統合完了を2019年末に控えるLCCピーチ・アビエーション。同社代表の井上慎一氏が、来年度の東南アジア路線進出を控え、“アジアの懸け橋(bridging Asia)”を目指す戦略について語った。
LCCピーチ、客室乗務員120人を募集、バニラエア統合やアジア展開に向けて「挑戦心」を重視

LCCピーチ、客室乗務員120人を募集、バニラエア統合やアジア展開に向けて「挑戦心」を重視

LCCのピーチ・アビエーションは2019年5月12日まで、2019年度~2020年度上期入社の客室乗務員を募集。新卒・既卒者計120人程度採用予定。事業拡大へ「挑戦心」あふれる人材を募る。
LCCバニラ、ピーチとの統合でポイント移行手続きを発表、4月から交換開始へ

LCCバニラ、ピーチとの統合でポイント移行手続きを発表、4月から交換開始へ

LCCバニラエアがピーチ・アビエーションとの統合に伴い、会員ポイントプログラムのスケジュールを発表。最終運航日となる10月26日をもってバニラエア ポイントプログラムは終了。