検索タグ "ピーチ・アビエーション"

ANA、LCCピーチの子会社化を正式発表、304億円の追加出資で株式比率を67%に

ANA、LCCピーチの子会社化を正式発表、304億円の追加出資で株式比率を67%に

ANAホールディングスが2017年2月24日、LCCピーチ・アビエーションを連結子会社化。
LCCピーチ、沖縄/バンコク路線を新規就航、2017年2月から

LCCピーチ、沖縄/バンコク路線を新規就航、2017年2月から

LCCのピーチ・アビエーションが2017年2月19日より、沖縄/バンコク路線を新規就航。片道9980円から。
LCCピーチ、最新鋭機「A320neo」10機の購入契約を締結、国内LCCとして初

LCCピーチ、最新鋭機「A320neo」10機の購入契約を締結、国内LCCとして初

ピーチ・アビエーションが最新技術を採用したA320neoの導入を決定。本邦LCCとして初めて10機を発注した。
LCCピーチ、札幌・新千歳空港に拠点開設へ、道内路線の展開も

LCCピーチ、札幌・新千歳空港に拠点開設へ、道内路線の展開も

ピーチ・アビエーションは、2018年度中に札幌の新千歳空港を拠点空港化することを発表。札幌発着の国内・国際線を複数運航するほか、道内路線および道内の他空港からの路線展開も見込む。
国内LCCが上海線を開設、ピーチが11月から関西・羽田発着便を就航へ

国内LCCが上海線を開設、ピーチが11月から関西・羽田発着便を就航へ

LCCのピーチ・アビエーション(MM)が2016年11月から関西/上海と羽田/上海路線を就航。本邦LCCとしてはじめて。
LCCピーチ、AI(人工知能)活用で新たな自動音声サービス、24時間・365日の電話対応で

LCCピーチ、AI(人工知能)活用で新たな自動音声サービス、24時間・365日の電話対応で

LCCのピーチ・アビエーション(MM)が2016年8月24日、人工知能(AI)技術を活用した自動音声対応の実証実験を開始。オペレーターに代わって電話で24時間・365日運航情報を提供。
お盆期間の航空実績2016、国内LCC4社とも国内線利用率が90%超、路線拡大で国際線旅客数が大幅増

お盆期間の航空実績2016、国内LCC4社とも国内線利用率が90%超、路線拡大で国際線旅客数が大幅増

国内LCC4社の2016年お盆期間(2016年8月10日〜21日)の利用実績によると、国内線旅客数ではピーチ・アビエーションは前年比増となった一方、座席供給量を絞ったジェットスター・ジャパン、バニラエア、Spring Japanは前年実績を下回った。
LCCピーチ、ふるさと納税で茨城県鹿嶋市と連携、返礼品に航空ポイント

LCCピーチ、ふるさと納税で茨城県鹿嶋市と連携、返礼品に航空ポイント

LCCのピーチ・アビエーションは茨城県鹿嶋市と、ふるさと納税の取り組みで連携を開始。「ピーチポイントギフトとデジタルカレンダー」のセットと、「鹿嶋市特産品付きコース」を用意。
ゴールデンウィーク航空実績2016、LCC4社の国内線は供給増のピーチと春秋が旅客数も増加

ゴールデンウィーク航空実績2016、LCC4社の国内線は供給増のピーチと春秋が旅客数も増加

LCC4社の2016年度ゴールデンウィーク期間の利用実績によると、国内線旅客数でピーチ・アビエーションとSpring Japanは前年比増。一方、供給を絞ったジェットスター・ジャパンとバニラエアは旅客数を減らした。
LCCピーチ・アビエーション、航空券予約サイトに新機能、視認性も向上

LCCピーチ・アビエーション、航空券予約サイトに新機能、視認性も向上

LCCピーチ・アビエーション(MM)は航空券予約サイトをリニューアル。予約プロセスをよりシンプルに分かりやすくし、カレンダーとの連携や予約情報のSNS投稿も可能に。
コンビニでLCCピーチの航空券を購入可能に、国際線も対応へ

コンビニでLCCピーチの航空券を購入可能に、国際線も対応へ

LCCピーチ・アビエーション(MM)が2016年2月23日より、全国のローソンとミニストップで航空券販売開始。店舗での国内線と日本出発国際線予約と現金決済が可能に。
関空でボディスキャナー試験運用、外国人旅客を意識、LCCピーチと共催で3月末まで

関空でボディスキャナー試験運用、外国人旅客を意識、LCCピーチと共催で3月末まで

関空とLCCピーチ・アビエーションが、先進的なボディスキャナーの運用評価試験を実施。訪日外国人の伸び率が最も高い空港として、その特性を考慮した運用評価を行なう。
LCC4社の年末年始2015、国内線旅客は全社で増加、国際線ではピーチが搭乗率90%超に

LCC4社の年末年始2015、国内線旅客は全社で増加、国際線ではピーチが搭乗率90%超に

LCC4社の2015年度年末年始期間の利用実績。国内線ではピーチ・アビエーション、ジェットスター・ジャパン、バニラ・エア、春秋航空日本(Spring Japan)の4社とも前年よりも旅客数を伸ばした。
LCC4社の年末年始・航空予約2015、国際線の予約率ではピーチとバニラが80%超、ジェットスターが苦戦

LCC4社の年末年始・航空予約2015、国際線の予約率ではピーチとバニラが80%超、ジェットスターが苦戦

2015年度年末年始期間の予約状況によると、国際線ではピーチ・アビエーションとバニラ・エアが予約率80%を超えている一方、ジェットスター・ジャパンは60%台後半にとどまっている。
LCCピーチ、CAPA「LCCオブ・ザ・イヤー2015」受賞、北東アジアのLCCとして初めて

LCCピーチ、CAPA「LCCオブ・ザ・イヤー2015」受賞、北東アジアのLCCとして初めて

ピーチ・アビエーション(MM)は、 航空業界の独立系シンクタンクでCAPA Centre for Aviationから「2015年 アジア太平洋地域 LCC オブ・ザ・イヤー」を受賞した。
LCCピーチ・アビエーションが羽田国際線を拡充、ソウルに就航へ

LCCピーチ・アビエーションが羽田国際線を拡充、ソウルに就航へ

LCCピーチ・アビエーションが羽田発着の国際線を拡充。2路線目はソウルに就航。関空/ソウル線も増便へ。
星野リゾートがLCCとタッグ、関西発の北海道トマム日帰りスキーを提案、レンタル・リフト・空港送迎など一式4000円で

星野リゾートがLCCとタッグ、関西発の北海道トマム日帰りスキーを提案、レンタル・リフト・空港送迎など一式4000円で

LCCピーチと星野リゾートはピーチ利用者限定 で北海道トマム日帰りの特別オプション発売。関西発の日帰り北海道スキーを楽しむ空港送迎・リフト・スキーレンタル一式4000円で提供。
お盆期間の航空実績2015、国内LCC4社の国内線旅客数が20%超の増加、国際線は利用率90%超に

お盆期間の航空実績2015、国内LCC4社の国内線旅客数が20%超の増加、国際線は利用率90%超に

国内LCC4社の2015年お盆期間の利用実績によると、国内線ではピーチ・アビエーション(MM)、ジェットスター・ジャパン(GK)、バニラエア(JW)、春秋航空日本(IJ)とも前年同期比20%を超える増加率を記録。
LCCピーチ・アビエーション、機内販売で訪日外国人に人気の化粧品も販売、客室乗務員制服の「リカちゃん」も

LCCピーチ・アビエーション、機内販売で訪日外国人に人気の化粧品も販売、客室乗務員制服の「リカちゃん」も

ピーチ・アビエーション(MM)は8月7日から機内販売 「Peach Shop」を全面リニューアルする。訪日外国人向けには、アジアの旅行者を中心に人気の化粧品を取り揃えるほか、「三次元 高密着マスク」なども販売。
LCCピーチがついに羽田にも就航、台湾線を週6便で往復1.2万円も

LCCピーチがついに羽田にも就航、台湾線を週6便で往復1.2万円も

ピーチ・アビエーションが羽田線に進出。台北(桃園)線を週6便で開設する。運賃は片道7680円~4万2380円で、往復1万2000円の“弾丸スペシャル運賃”も。