【人事】LCCピーチとバニラエアの統合で新役員体制を発表、ピーチ井上社長と森副社長が兼務に

LCCピーチ・アビエーションとバニラ・エアは、2019年度内に予定している統合に向け、役員体制変更を発表した。現ピーチ代表の井上慎一氏、同副社長森健明氏がバニラエアの代表・副社長を兼務する予定。現取締役会長の田中龍郎氏、現代表取締役社長の五島勝也氏は退任予定だ。2018年11月2日開催予定のバニラ・エアの臨時株主総会・取締役会で正式決定する。

バニラエア 新役員体制

※氏名:新役職/現役職

  • 井上慎一氏:代表取締役社長(ピーチ代表取締役CEO兼務)
  • 森健明氏:取締役副社長(ピーチ副社長 兼務)

ANAホールディングスの100%子会社であるバニラ・エアは、2018年度中をめどにピーチに売却。さらに機材移管に関する改修も進める計画。2020年以降、ピーチは国内・国際線を合わせて50路線以上のネットワークを拡充。中距離LCC領域も含め、アジアのLCC市場をリードしていきたいとしている。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。