香港のイメージが一変するフォトジェニックな大自然、星空・雲海・田園風景などで政府観光局がキャンペーン【画像】

大帽山(写真:Jessica Li)

香港政府観光局は2017年11月~2018年3月まで、新キャンペーン「グレート・アウトドア香港」を実施する。

香港といえば、高層ビルやグルメ、街歩き、ショッピングなどが楽しめる大都市のイメージが強いが、今回のキャンペーンでは香港のフォトジェニックな大自然を紹介。離島で眺める星空や、山頂から眺める雲海や日の出、緑の牧草地や田園風景といった側面をアピールする。4名の香港在住のカメラマンの協力のもと、これらの風景を写真やタイムラプス動画などを作成し、香港政府観光局のSNSやウェブサイト、ガイドブックで発信する予定だ。

以下は発表されたフォトジェニックな大自然の画像。

香港政府観光局提供:ランタオ島タイオー(写真:Jessica Li)香港政府観光局提供:大東山(写真:Will Cho)

さらに、香港で気軽に大自然を体験できるよう、ハイキングコースを紹介するガイドブックを発行。実は同キャンペーンは、香港のハイキングシーズンに合わせて実施するもの。ガイドブックでは歴史、フォトジェニック、不思議な地形の3つのテーマに分け、香港中心部から1~2時間ほどの距離にあるコースを紹介した。あわせて、自転車で回れるサイクリングコースも掲載した。

ガイドブックは現在、英語版を公式サイト上に掲載し、香港のビジターセンターで配布している。日本語版は12月から、公式サイト上での掲載とブックレットの配布を予定している。



みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。