安全性の高い世界の航空会社トップ20発表、ANAとJALもランクイン ーAirlineRatings2018

航空会社の安全性格付けを行っているAirlineRatingsは、常時モニターリングしている世界409社のなかから2018年の安全な航空会社トップ20社を発表した。

トップ20に入ったフルサービスキャリアは、以下のとおり。

2018年 安全な航空会社トップ20社(順不同)

  • ニュージーランド航空
  • アラスカ航空
  • ANA(全日空)
  • ブリティッシュ・エアウェイズ
  • キャセイパシフィック航空
  • エミレーツ航空
  • エティハド航空
  • エバー航空
  • フェンエアー
  • ハワイアン航空
  • JAL(日本航空)
  • KLMオランダ航空
  • ルフトハンザ・ドイツ航空
  • カンタス航空
  • ロイヤル・ヨルダン航空
  • スカンジナビア航空
  • シンガポール航空
  • スイス・インターナショナル・エアラインズ
  • ヴァージン・アトランティック航空
  • ヴァージン・オーストラリア航空

AirlineRatingsでは、トップ20の航空会社は業界の基準であり、安全性とイノベーションで業界をリードしていると評価している。

また、LCCの安全性トップ10も発表した。同社では、トップ10に入ったLCCはいずれも国際航空運送協会(IATA)の運航安全監査(IOSA)に通過しているとし、エアリンガス、フライビー、香港エクスプレス、ジェットブルー、ジェットスター・オーストラリアなどを選定している。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。