民泊エアビー、体験サービスを1000地域に拡大、コンサートなど新分野も追加

Airbnb(エアビーアンドビー)は2018年中に、「体験」プラットフォームのサービスを拡充する。イースター島、タスマニア、アイスランド、アラビア半島など都市以外での体験を加え、提供エリアを1000に拡大するほか、新しいカテゴリーとして、コンサート、ソーシャルダイニング、アドベンチャーなどを追加する。

Airbnbは2016年11月に「宿泊」に加えて現地体験を提供するホストと旅行者をマッチングさせる「体験」プラットフォームのサービスを開始した。当初は東京を含む12都市で提供していたが、2017年には60都市に拡大し、提供する現地体験も5000に増加。Airbnbによると、予約件数も大幅に拡大しており、最も予約の多い「体験」では年間20万ドル(約2134万円)以上の収益をあげるホストも現れているという。

このほか、社会貢献部門の「体験」では、2018年中に1000以上の非営利団体と協力する予定としている。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。

注目観光局 セレクト5SPONSORED

トラベルボイスが注目する観光局の特設サイトです。ロゴをクリックすると注目観光局のインタビューやニュースを一覧することができます。

観光産業ニュース「トラベルボイス」編集部から届く

一歩先の未来がみえるメルマガ「今日のヘッドライン」 、もうご登録済みですよね?

もし未だ登録していないなら…