河口湖・西湖周遊バスが大型化、乗客人数は2.5倍に、インバウンド人気の観光路線で ―富士急行

富士急行は2018年6月17日、河口湖・西湖周遊バスに大型バスを導入した。これにより、乗客人数は約2.5倍の約80名に拡大する。

同路線は、河口湖駅を拠点に、富士山パノラマロープウェイや河口湖遊覧船といった観光スポットを巡る周遊バス。毎日15~30分間隔で運行しており、訪日外国人をはじめ観光客に人気がある。

新車両は、富士急行「富士山ビュー特急」やJR九州クルーズトレイン「ななつ星 in 九州」を手掛けた工業デザイナーの水戸岡鋭治氏によるもの。バリアフリー対応で、車いす利用者でも乗車しやすいものとなっている。

富士急行:報道資料より富士急行:報道資料より

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。