出張経費管理「コンカー」がBtoBイベント開催、企業のデジタル化をキーワードに事例紹介など

SAPグループで出張経費管理ソリューションを提供するコンカーは、2018年9月11日、東京で大規模BtoBイベント「SAP Concur Fusion Exchange」を開催する。

今年は「デジタル・トランスフォーメーション」をキーワードに、企業の間接費・経費管理の在り方を多角的に議論。電子国家として知られるエストニアについてエンタープライズ・エストニア日本支局長の山口功作氏がオープニングトークを実施するほか、旅行会社や関連事業者向けのソリューション紹介、JTBトラベルビジネスソリューションズ、日本航空(JAL)、複数金融機関やクレジットカード会社、テクノロジー企業など各種業界企業による事例解説など、8トラック・30以上のセッションで構成する。

今回、旅行コマースプラットフォームを提供するトラベルポートは、ランチョン・スポンサーとして展示ブースを開設。ランチタイムに約15分のプレゼンテーションをおこなう。講演タイトルは「企業様・旅行会社様 必見5分で解る『コンカートラベルで海外出張を最適化する方程式』&事例紹介」(仮)を予定する。

同イベントの概要は以下のとおり。7月10日までの申込者から抽選で「銀座久兵衛 ディナーペア招待券」が当たる早期登録キャンペーンも実施。イベント当日参加者にも、「世界一周運賃ペアチケット」が当たる特典を用意している。

  • イベント:「SAP Concur Fusion Exchange」
  • 開催日:2018年9月11日
  • 会場:ザ・プリンス パークタワー東京(〒105-8563 東京都港区芝公園4-8-1)
  • 特設サイト:https://www.concur.co.jp/fusion-exchange/tokyo
  • 問い合わせ:SAP Concur Fusion Exchange 2018 Tokyo 事務局(担当者 渡邊、吉田)

    Tel: 03-5768-3531
    Mail: scfe2018_tokyo_eventdesk@cnsinc.jp

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。