ナビタイム、訪日客の動態を分析するツールを発表、旅行者属性や季節ごとの行動比較も可能に

ナビタイムジャパンは2018年7月18日、訪日外国人動態分析システム「インバウンドプロファイラー」を提供開始した。

新システムは、同社が運営するインバウンド向けアプリ「NAVITIME for Japan Travel」からユーザーの同意を得て取得したGPSデータのほか、アンケートデータをもとに、訪日旅行者の場所・時間帯・季節別行動傾向などを可視化したもの。ウェブ上で利用者が容易に比較分析をおこなえるようにした。特定エリアにフォーカスした傾向や隣接地域との比較などもおこないやすいため、マーケティング上の企画立案や観光分析、現状把握・効果検証に役立つ。

閲覧可能な粒度は、都道府県タイン位から125メートルメッシュ単位まで変更可能。国籍や季節、リピーターなどの属性を条件として表示することも可能だ。

サービスイメージおよび分析事例は以下のとおり。

サービスイメージ:報道資料より

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。