HISが出張クラウド管理「コンカー」と協業、出張手配から経費精算まで、顧客企業へのサービス向上で

エイチ・アイ・エス(HIS)は、出張クラウド管理システムを提供するコンカーと、ビジネストラベルマネジメント(BTM)領域で協業することを発表した。コンカーのクラウド型出張・経費管理システムを用いた、ソリューションビジネスサービスの提供を行なう。

HISではMICEを含め、年間6000社以上の業務手配を行なっており、顧客企業からは出張に関わる課題や経費効率化に向けた意見を求められる機会が増えたという。特に中堅企業や中小企業では、自社での出張管理の改善や経費の可視化に限界を感じているといい、こうした企業の課題をコンカーとの協業で解決を図る考え。

コンカーのクラウド型出張・経理管理システムで、出張手配から経費精算までを一気通貫し、航空券やホテルなどの出張手配と旅程管理のガバナンス向上とデータの一元化による経費最適化を実現する。同時に、出張に伴うデータを危機管理や経費分析にも活用。企業が持つ課題解消の支援と総合的な出張・経費管理ソリューションを行なう。

さらに日本と海外に法人を持つ企業がそれぞれ別々に経費管理をしていた場合、コンカーのシステムを日本と海外で繋ぐことで、グループ全体での情報共通化とデータ統一が可能。さらなるガバナンス強化が可能になる。そこでまずは、日本でグローバルに展開する企業の戦略パートナーとして、ソリューションビジネスの拡大を図っていく。

なお、HISでも世界71か国の国内外拠点に、コンカーのシステム導入を推進する。



みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。