ヤフーとソフトバンクの新スマホ決済「PayPay」、実店舗でサービス開始、手数料無料キャンペーンも

ソフトバンクとヤフーの合弁会社でスマホ決済事業を展開する新会社「PayPay(ペイペイ)」はこのほど、実店舗でバーコード(1次元バーコード、QRコード)を使用するサービスを提供開始した。

利用者は、あらかじめ銀行口座からチャージした電子マネー(PayPay電子マネー、またはYahoo!マネー)による支払いかクレジットカードによる支払いのいずれかを選択可能。

バーコードの読み取りも、QRコードをアプリでスキャンする「ユーザースキャン」方式と、ユーザーのアプリに表示されるバーコードを事業者側がレジで読み取る「ストアスキャン」方式の2種類を提供する。

サービス開始にあたり、新規利用登録をおこなったユーザーには500円相当のPayPayマネーを指定。加盟店向けには3年間「ユーザースキャン」方式の決済手数料を雨量とする。また、今秋中には「Alipay」アクセプタンスマーク付きQRコード設置店で「Alipay」による決済にも対応開始。2019年9月末までその手数料も無料とする予定だ。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。