ヤフー、利用者に「スコア」を付ける実証実験、先行予約の特典付与も、一休らが参画で

ヤフーは、保有するビッグデータでユーザーを評価する独自のスコアを開発し、モノの売買や貸借時の審査や融資などに活用する実証実験を開始する。

ヤフーの会員「Yahoo! JAPAN ID」の基盤を活用するもので、スコアはユーザーごとに算出。実証実験にはヤフーのOTAである一休や、約260社が加盟するシェアリングエコノミー協会などの企業・団体が参画し、ユーザーにメリットを与えながら、パートナー企業の課題解決を図る方法を検証していく。

例えば、予約ではスコアに応じ、先行予約時の特典付与、シェアリングサービスでは手続きの簡略化や保証金の免除を行なうことも可能だ。ヤフーでは2018年内に本格稼働をさせる予定だ。

なお、同施策ではスコア算出をユーザーが拒否できる仕組みも用意し、パートナー企業へのスコア提供は、ID連携時に同意を得たユーザーのみとする。将来的なスコアの開示など、安心して利用できる環境を整備するとしている。

発表資料より

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。