パスポートの自由度ランキング、日本が世界トップに、190か国にビザなし渡航が可能 ―2018年最新版

世界各国のパスポートについて旅行の自由度を測定しているヘンリーパートナーズの「パスポート・インデックス」の2018年グローバルランキングで、日本が1位になった。

1位の日本は「ビザなし渡航」もしくは「到着時のビザ取得」な可能な国・地域が190。2位はシンガポールは189、3位はドイツ、フランス、韓国の188だった。

そのほか、急上昇が顕著なのはアラブ首長国連邦(UAE)で、2006年には62位だったが現在は21位。今後の順位上昇が期待されるのは、7月にEUとのビザ自由化の条件を正式に満たしたコソボ。一方、上位のランキングが変動したことで、ロシアは46位から47位に後退。同様に中国も69位から71位にランクを落とした。

最新の「パスポート・インデックス」ランキングは以下のとおり。

「パスポート・インデックス」2018年世界ランキング

  • 1位:日本(190か国)
  • 2位:シンガポール(189か国)
  • 3位:ドイツ、フランス、韓国(188か国)
  • 4位:デンマーク、フィンランド、イタリア、スウェーデン、スペイン(187か国)
  • 5位:ノルウェー、イギリス、オーストリア、ルクセンブルク、オランダ、ポルトガル、アメリカ(186か国)
  • 6位:ベルギー、スイス、アイルランド、カナダ(185か国)
  • 7位:オーストラリア、ギリシャ、マルタ(183か国)
  • 8位:ニュージーランド、チェコ共和国(182か国)
  • 9位:アイスランド(181か国)
  • 10位:ハンガリー、スロベニア、マレーシア(180か国)

この調査は、ヘンリー社がIATA(国際航空運輸協会)の協力を得て、IATAが保有する旅行情報データベースを活用して作成しているもの。今回は199のパスポートが対象になっている。データは通年でリアルタイムに更新される。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。