LCCエアアジアがグーグルと協業、開発者と連携でAI基盤を強化、需要予測やパーソナライズ化など推進へ

LCCエアアジアは、グーグルクラウド(Google Cloud)との協業を開始した。機械学習や人工知能など、最新のデジタルテクノロジーを事業と企業文化に取り込むことで、より効率的な事業推進につなげる。※写真はグーグルクラウドCEO ダイアン・グリーン氏(中央)、エアアジア・グループCEO トニー・フェルナンデス氏(右から3番目)、エアアジア・グループ副CEO アイリーン・オマー氏(左から3番目)

今後、エアアジアの技術チームはグーグルクラウドのエンジニアと連携して、最先端のAI基盤を強化。精度の高い需要予測や対象を絞ったマーケティング、顧客向けのパーソナライズ化を通じたエクスペリエンスやロイヤリティの向上、整備予測やリアルタイム天気予報、運航乗務員の最適化を通じた運営効率の最大化などに取り組む。

エアアジアグループCEOのトニー・フェルナンデス氏は今回の取り組みについて、「航空事業を超えて事業とプロセスをデジタル化する」と同時に、2つのプラットフォームの強化を進める方針についてコメント。「airasia.com」では、航空、宿泊、ツアー、交通機関などについてワンストップで予約できるようにする。また、同氏が「カヤック、トリップアドバイザー、グルーポン、イーベイが統合したようなサービス」と称する新たなライフスタイルサイト「BigLife(ビッグライフ)」では、金融アプリや機内接続プラットフォーム、ショッピング機能、輸送サービスなどへの投資を予定する。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。