小田急電鉄、新たな移動サービス「MaaS」に着手、アプリで移動・宿泊・飲食に対応、タイムズ24らと5社連携で

小田急電鉄は2018年12月12日、同社が目指す新たなモビリティサービス「小田急MaaS」に関して、ヴァル研究所、タイムズ24、ドコモ・バイクシェア、WHILLと連携協力で合意した。

この取り組みは、小田急グループが提供する各種交通・生活サービスを連動させ、生活者にとって利便性の高い1つのサービスを構築するもの。例えば目的地への移動や現地での楽しみ方、宿泊・飲食予約・決済などを、「小田急MaaSアプリ(仮称)」を通じて実現するモデルを目指す。

アプリでは、経路検索システムなどを手掛けるヴァル研究所の検索エンジンを活用し、小田急の交通データのほか、タイムズ24が提供するカーシェアサービス・車両空き情報、ドコモ・バイクシェアによる自転車貸し出し拠点・貸出可能台数などのデータを表示。また、公共交通機関を降りた後の移動手段として、次世代次世代型電動車いす「WHILL」との連携も進める予定。

2019年末までには箱根エリアと新百合ヶ丘・町田地域で実証実験を実施する計画。実験では、小田急グループの商業施設などの割引優待や推奨店舗情報もおこなうことで利用促進につなげる考え。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。